[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、上半身の違和感も言い訳はせず 勝者を称賛「私は持てるもので戦った」

テニスの4大大会最終戦・全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同78位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に6-3、4-6、6-3、4-6、2-6でフルセットの末に敗れた。

ロジャー・フェデラーがグリゴール・ディミトロフに敗れる【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラーがグリゴール・ディミトロフに敗れる【写真:Getty Images】

フルセットの激戦の末に敗退、試合後は「手当てが必要だった」と明かす

 テニスの4大大会最終戦・全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同78位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に6-3、4-6、6-3、4-6、2-6でフルセットの末に敗れた。試合後にフェデラーは背中や首に不安を抱えていたことを明かしたが、言い訳はせず「ベストは尽くした。グリゴールは引き離した」と潔く勝者を称えた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 王者フェデラーが8強入りを前にセットカウント2-1と優位に立ったが、第4セットを落としてタイに。ファイナルセットは第1ゲームで先にブレークを許し、その後もらしくないミスを連発し、4強入りを前にニューヨークを後にすることになった。。

 米放送局CNNによると、試合後フェデラーは「いくらか手当てが必要だった」と背中や首に不安を抱えていたことを明かした。「ほぐして良くなるか、みようと思った」と言うが、同局によるとフェデラーはこの日の午後から、違和感を感じていたという。

 一方では「プレーすることはできた。大丈夫。ベストは尽くした。ギブアップするほど、悪いわけではない。グリゴールは引き離した。私は持てるもので戦った」とも強調しており、素直に4大大会で初4強入りを決めたグリゴールを称えていた。

 一方で3時間12分の激闘を制したディミトロフは、4強でこちらも初の準決勝進出を決めた世界ランク5位のダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集