[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、スパー初公開で被弾覚悟の攻撃「行くしかねぇって状況なら」 手数も増加

ボクシングの前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が3日、都内の所属ジムで練習し、次戦に向けて初めてスパーリングを公開した。7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級王者ロブ・ブラント(米国)と対戦。昨年10月に米ラスベガスで王座を奪われた相手との再戦へ「ベストな僕を見せるし、面白い試合をしたい」と意気込んだ。

前WBA世界ミドル級王者・村田諒太【写真:浜田洋平】
前WBA世界ミドル級王者・村田諒太【写真:浜田洋平】

90キロ近い1階級上パートナーを恐れず前に2ラウンド

 ボクシングの前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が3日、都内の所属ジムで練習し、次戦に向けて初めてスパーリングを公開した。7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級王者ロブ・ブラント(米国)と対戦。昨年10月に米ラスベガスで王座を奪われた相手との再戦へ「ベストな僕を見せるし、面白い試合をしたい」と意気込んだ。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 決戦まであと9日に迫ったこの日は、スーパーミドル級が主戦場のアイザイア・スティーン(米国)を相手に2ラウンドのスパーを披露。スピードがあり、90キロ近くある減量をしていない1階級上の選手に対し、村田は手数を増やしたジャブなどでロープ際に追い詰めた。相手の方がサイズが大きく、自分が打てば打たれる状況。それでも被弾覚悟で自らのパンチを打ち込んだ。

「相手に打たれても崩れないことが、まず第一。プラスでコンビネーション。上下を打ち分けるコンビネーションですね。今日は2ラウンドなので、普通なら被弾覚悟で行くことはないけど、でもシーンとしてはよく作っている。無理してでも前に出るということを長いスパーリングでもしている。その一つですね」

 以前はガードを固めて圧力をかけてから打っていたが、カルロス・リナレストレーナーのミット打ちで技術を高めてきた。前回のブラント戦は、終盤で逆転の一撃を強引に狙いに行き、ポイントで上回るブラントは足を使った。結局、体勢が崩れたまま反撃した村田は、最後まで挑戦者を仕留め切れなかった。

「無理しても打ちに行くことは、相手のペースになった場合はあること。こっちがダウンを取っていい形だったらそんな必要はないかもしれないけど、逃げ回られて、ポイントを取られて、『行くしかねぇ』って状況だったらそういうシーンは出てくる。そういうシーンを過程してやっています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集