[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂、ビーナス、ズベレフ… 波乱続出ウィンブルドンを米特集「とんでもない番狂わせ」

テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは1、2日で1回戦が終了。女子では世界ランク2位の大坂なおみ(日清食品)が同39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)にストレート負け。過去に大会5度制覇のビーナス・ウィリアムズ(米国)も4大大会初出場の15歳コリ・ガウフ(米国)に敗退。男子でもアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ドミニク・ティエム(オーストリア)ら上位シードが相次いで敗れる展開となっている。米メディアも「ウィンブルドンの1回戦でとんでもない数の番狂わせが起きる」と題して9人のトッププレーヤーが早くも舞台から去ったことを伝えている。

1回戦でウィンブルドンを去った大坂なおみ【写真:Getty Images】
1回戦でウィンブルドンを去った大坂なおみ【写真:Getty Images】

女子では大坂が、男子でも第5~7シードが1回戦で散る

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは1、2日で1回戦が終了。女子では世界ランク2位の大坂なおみ(日清食品)が同39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)にストレート負け。過去に大会5度制覇のビーナス・ウィリアムズ(米国)も4大大会初出場の15歳コリ・ガウフ(米国)に敗退。男子でもアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ドミニク・ティエム(オーストリア)ら上位シードが相次いで敗れる展開となっている。米メディアも「ウィンブルドンの1回戦でとんでもない数の番狂わせが起きる」と題して9人のトッププレーヤーが早くも舞台から去ったことを伝えている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 今年のウィンブルドンには魔物が住むのか。有力選手が次々とコートを後にしている。

 米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウイン」は「2日間で9人のトップ選手が敗退。2019年のウィンブルドンへようこそ」と題して、波乱のウィンブルドンを特集している。

「1回戦全試合が火曜日で終わり、何人かのビッグネームが芝のコートから姿を消した」と続け、9人のトップ選手の敗退を特集している。15歳に敗れたビーナスに次に名前が挙がったのが、大坂だった。

「この1年はジェットコースターとしか言い表せない。すべてが上昇し、頂上に着いたとき、急降下する。第2シードは全米オープンと全豪オープンで優勝。しかし、次の2つは? 2週間で2度ユリア・プティンツェワはオオサカにストレート勝ち。ランク外のプティンツェワが7回のアンフォースドエラーを記録した中、オオサカはその数、実に38回にのぼった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集