[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、再戦への道で気づいた“新境地” 「早くリングに上がりたい」の真意とは

エンダム戦と異なる心境の理由は?

 2012年ロンドン五輪で金メダル。他のボクサーと違い、プロデビューから常に期待と重圧を背負ってきた。特に世界王者となった17年10月のアッサン・エンダム(フランス)との再戦は「あれを経験したら怖いものはない」と振り返るほど、プレッシャーに押しつぶされそうになった。試合のたびに「早くリングに上がりたい」という気持ちになったが、今回は中身が大きく異なるようだ。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 生き残りを懸けた大一番をも待ち遠しいと思えるのは、充実した練習ができている証拠。「ボクシング(の内容)がいい。(精神状態は)調子と比例する。すごくいい練習ができている」。この日もハイテンポで動くトレーナーのミットを軽快な動きで捕らえ続けた。

 ウオーミングアップにも変化がある。ストレッチ、スパー前の準備にかける時間がこれまでより長くなった。「スパーリングする時もウオーミングアップの時間を取るようになった。結構すぐにスパーをやっちゃうタイプでしたけど、しっかり1ラウンド目から動ける体を作ることをテーマにして取り組んでいる。その辺りも含めてうまくいっている」

 33歳になっても試行錯誤、改善を繰り返す日々。自身のサポーターズクラブ公式ホームページでは、決戦に向けたナイキ社の応援Tシャツの販売も始まった。胸に刻まれる文字は「JUST DO IT」。ブラント戦まで残り半月、後悔のないようにやるしかない。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集