[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔は「危険な敵」 KO率84%パリクテ陣営は終盤戦想定「急がず、辛抱強く…」

ボクシング元世界3階級制覇王者のWBO世界スーパーフライ級2位・井岡一翔(Reason大貴)が、19日に千葉・幕張メッセでWBO同級王座決定戦に臨む。日本人初の4階級制覇に立ちはだかる相手は、同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)だ。パリクテ陣営は、井岡戦に向けて「序盤に力を集中的に注ぐことはしない」「急がず、辛抱強く戦う」と終盤戦を想定しているようだ。パリクテの母国・フィリピンの地元紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が報じている。

井岡一翔【写真:Getty Images】
井岡一翔【写真:Getty Images】

「6.19」WBOスーパーフライ級王座決定戦、井岡相手の陣営「勝算75%」

 ボクシング元世界3階級制覇王者のWBO世界スーパーフライ級2位・井岡一翔(Reason大貴)が、19日に千葉・幕張メッセでWBO同級王座決定戦に臨む。日本人初の4階級制覇に立ちはだかる相手は、同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)だ。パリクテ陣営は、井岡戦に向けて「序盤に力を集中的に注ぐことはしない」「急がず、辛抱強く戦う」と終盤戦を想定しているようだ。パリクテの母国・フィリピンの地元紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 日本人初の偉業阻止、そして悲願の世界王座獲得へ、パリクテが順調に仕上げてきたようだ。「フィルスター.com」は「アストン・パリクテは勝ち急がない」の見出しで母国の28歳ボクサーの取り組みを紹介している。

 25勝(21KO)2敗1分けの28歳は、昨年9月に臨んだドニー・ニエテス(フィリピン)との同王座決定戦で引き分けた。約9か月ぶりに巡ってきた王座獲得のチャンス。KO率84%の強打を持つパリクテについて、記事では「フィニッシャーとして恐ろしい評判を得ている」と紹介しているが、陣営は早期決着を狙わないようだ。

 マネージャーのジェイソン・ソーング氏は「イオカは危険な敵のため、序盤に力を集中的に注ぐことはしない」と語ったという。記事では井岡の過去2敗はともに判定決着であることも紹介。また、パリクテ陣営が終盤戦を想定していることを明かしている。

 2か月前に勝つ確率は60~75%としたというソーング氏は「私たちは急がず、辛抱強く戦うだろうが、相手が出てきた場合は前に圧力をかける準備はできている。予想はしないが、アストンがベルトを持ち帰ると確信しているよ」と自信を示したという。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集