[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と戦いたかった ロドリゲスに惜敗マロニーの心残り「倒した感覚があった」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を下し、IBF&WBA王者となった井上尚弥(大橋)。、初戦でロドリゲスに判定負けを喫したジェイソン・マロニー(オーストラリア)は「イノウエと戦えるチャンスがあったら…」と心残りを明かしている。英ボクシング専門誌「ワールド・ボクシング・ニュース」が報じている。

WBSS初戦で判定負け、決勝を展望「イノウエが勝つだろう、最高の戦いになる」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を下し、IBF&WBA王者となった井上尚弥(大橋)。、初戦でロドリゲスに判定負けを喫したジェイソン・マロニー(オーストラリア)は「イノウエと戦えるチャンスがあったら…」と心残りを明かしている。英ボクシング専門誌「ワールド・ボクシング・ニュース」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 WBSS初戦で左拳を痛めたロドリゲスを追い詰め、判定で惜敗を喫したマロニー。記事によると、15日に豪州のシーガルス・スタジアムで行われるグッドラック・ムレマ(タンザニア)戦に向け、こう意気込んでいる。

「6月15日の自分の使命について、自分は軽く考えるつもりはない。タフな相手だ。これ以降オーストラリアで戦うことは当分なさそうなので、力を見せつけたい。オーストラリアのボクシングファンにとって忘れられない夜にしたい」

 一方で、WBSS決勝についても言及した。記事では「イノウエが勝つだろう。最高にファイトになるだろう」とモンスター勝利を予想した上で、心残りを明かしている。

「イノウエと戦える機会があったら良かったね。ロドリゲスを倒した感覚があったんだよ。だが、それは過ぎた話さ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集