[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンを抑えた 「9秒86」全米大学王者は「ライジングスター」と海外絶賛

陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録で3位に入った。日本を沸かせたが、優勝したのはナイジェリア出身のディバイン・オドゥドゥル(テキサス工科大)だ。今季世界最高タイとなる9秒86をマーク。200メートルと合わせ、全米大学2冠を達成した。

今季世界最高タイとなる9秒86をマークしたディバイン・オドゥドゥル(右)【写真:AP】
今季世界最高タイとなる9秒86をマークしたディバイン・オドゥドゥル(右)【写真:AP】

ナイジェリア22歳オドゥドゥルが100&200m2冠、世陸&五輪で強力ライバルに

 陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録で3位に入った。日本を沸かせたが、優勝したのはナイジェリア出身のディバイン・オドゥドゥル(テキサス工科大)だ。今季世界最高タイとなる9秒86をマーク。200メートルと合わせ、全米大学2冠を達成した。国際陸連(IAAF)も「ライジングスター」と絶賛し、貧困な家庭から這い上がったキャリアを紹介している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 サニブラウンを抑えた。全米大学最強スプリンターを決める大会で輝きを放ったのは、ナイジェリア出身の22歳だった。6レーンから飛び出したオドゥドゥルは中盤から力強く加速。先頭に立つと、追いすがるサニブラウンらを寄せつけることなく、先頭で駆け抜けた。タイムは9秒86。今季世界最高に並ぶ好記録だ。両手を掲げて感情を爆発させた。

 カール・ルイス、ジャスティン・ガトリン、タイソン・ゲイら、後の五輪&世界王者が輝いた全米大学最強スプリンターの称号。さらに、200メートルも3位だったサニブラウンらを抑え、今季世界3位の19秒73で優勝。2冠を達成した。20年東京五輪に向けても楽しみな逸材に対し、国際陸連(IAAF)公式サイトが高く評価している。

「NCAAでの偉業後、ライジングスターのオドゥドゥルは今、ドーハを見ている」と特集。ナイジェリア南部の田舎の村で10兄弟の末っ子として育ち、稼業の農家を手伝いながら生活。しかし、食事がままならない貧しい環境だったという。それでも、16歳から本格的に陸上を始めると才能が開花。故郷を離れてテキサス工科大に進み、着実に実績を残してきたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集