[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • パッキャオ、世紀の判定負けに“疑惑”の声 米中継局ESPN「議論呼ぶ大番狂わせ」

パッキャオ、世紀の判定負けに“疑惑”の声 米中継局ESPN「議論呼ぶ大番狂わせ」

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦がオーストラリアのサンコープスタジアムで行われ、世界6階級制覇の王者マニー・パッキャオが1位のジェフ・ホーンに0-3の判定で敗れ、王座陥落を喫した。しかし、世紀の大番狂わせを“疑惑の判定”を指摘する声が米メディアから上がっている。

まさかの0-3判定負けで王座陥落…勝者は無名の豪州選手「驚くべき判定勝利」

 WBO世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦がオーストラリアのサンコープスタジアムで行われ、世界6階級制覇の王者マニー・パッキャオが1位のジェフ・ホーンに0-3の判定で敗れ、王座陥落を喫した。しかし、世紀の大番狂わせを“疑惑の判定”を指摘する声が米メディアから上がっている。

 パッキャオの勝利だったと明確に主張しているのは、米大手スポーツネットワークESPN電子版だ。試合を中継したのも同局だった。

「パッキャオは第9ラウンドにホーンをコーナーに追い詰め、猛烈で一方的なパンチで彼を血まみれにし、試合は止めさせる間際まで追い込んだ。しかし、スコアボードの判定はパッキャオを、議論を呼ぶ大番狂わせの犠牲者にさせ、ホーンには満場一致の驚くべき判定勝利が贈られた」

 本拠地の5万5000人の観衆の声援を背に、史上6人目の世界6階級を制覇したフィリピンの英雄を倒したホーンの勝利に、記事では明確な疑問符をつけている。

 ジャッジのワレスカ・ロルダン氏は117-111で、クリス・フローレスさんは115-113で、ラモン・セルダンさんは115-113でホーン勝利としていたが、 ESPN電子版の独自採点は完全に逆だったという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー