[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界選手権にロシアからは誰が!? メドベージェワ、トゥクタミシェワも可能性残す

フィギュアスケートのロシア選手権は優勝した14歳アンナ・シェルバコワ以下、驚異のジュニア勢が表彰台を独占。この結果を受けて同国スケート連盟は欧州選手権(1月・ミンスク)の代表を発表。シニア最上位4位のスタニスラワ・コンタンティノワ、5位のアリーナ・ザギトワ、6位のソフィア・サモドゥロワを選んだ。一方で、世界選手権(3月・埼玉)の代表に関しては、欧州選手権での結果次第とのことで発表されていない。肺炎でロシア選手権を欠場したGPファイナル3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ、実績十分のエフゲニア・メドベージェワが選出される可能性も残しているという。ロシアメディアが伝えている。

世界選手権出場に望みを残すメドベージェワ(左)とトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
世界選手権出場に望みを残すメドベージェワ(左)とトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

欧州選手権代表3選手が決定も、世界選手権は未定

 フィギュアスケートのロシア選手権は優勝した14歳アンナ・シェルバコワ以下、驚異のジュニア勢が表彰台を独占。この結果を受け、同国スケート連盟は欧州選手権(1月・ミンスク)の代表を発表。シニア最上位4位のスタニスラワ・コンタンティノワ、5位のアリーナ・ザギトワ、6位のソフィア・サモドゥロワを選んだ。一方で、世界選手権(3月・埼玉)の代表は欧州選手権の結果次第のため、発表されていない。肺炎のためにロシア選手権を欠場したGPファイナル3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ、実績十分のエフゲニア・メドベージェワが選出される可能性も残しているという。ロシアメディアが伝えている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本からは坂本花織、紀平梨花、宮原知子の全日本の表彰台トリオが出場する世界選手権。一方ライバルのロシアは、世界選手権の代表は欧州選手権次第になるという。

 同国スケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長のコメントを伝えているのは、ロシアメディア「R-sport」だった。

 記事によると、「ロシアフィギュアスケート連盟のゴルシコフ会長が来年の世界選手権の代表メンバーについてはロシアフィギュアスケート連盟の委員会で審議されなかったと語った」と伝え、同氏の談話を紹介。「今日、欧州選手権の代表メンバーについて審議された。世界選手権の代表メンバーに関しては、欧州選手権の結果によって決定される」と語っており、補欠として選出されているトゥクタミシェワ、メドベージェワにも可能性を残しているようだ。

 また同メディアの別の記事では、金メダリストを指導した経験を持つ、同国の名誉コーチ、ヴィクトル・クドリャフツェフ氏のコメントも伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集