[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花へ止まぬ賛辞 米名物記者は3A大絶賛「あれほど余裕で跳ぶ選手いなかった」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初出場初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。女子では浅田真央らこれまでに9人しか成功させていないトリプルアクセルを代名詞とする16歳の超新星について、米名物コラムニストは「あれほど余裕で跳んで見せる選手はこれまでにいなかった」と大絶賛している。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

米専門家2人が紀平のスケーティングを高く評価

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初出場初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。女子では浅田真央らこれまでに9人しか成功させていないトリプルアクセルを代名詞とする16歳の超新星について、米名物コラムニストは「あれほど余裕で跳んでみせる選手はこれまでにいなかった」と大絶賛している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 GPファイナル初出場初優勝という偉業で、バンクーバーで旋風を巻き起こした紀平。あれから1週間近くが経過したが、フィギュア界に与えた衝撃の余韻は冷めやらない様子だ。

 米フィギュア専門メディア「IceTalk Podcast」で、米スケート界の名物コラムニスト、ジャッキー・ウォン記者とコメンテーターのニック・マクカーベル氏が対談。バンクーバーでのGPファイナルをテーマにしたトークでは、16歳の新女王の話題に及んだ。

 マクカーベル氏は「それでは表彰台の頂点にたった女性について話しましょう。リカ・キヒラはまだグランプリファイナルに1度しか出ていないのですよ」と切り出すと、ウォン氏も「クレイジーですよ」と驚きを隠せない様子だった。

 マクカーベル氏は「現実離れ、まさにそうです。リカ・キヒラはSPで世界最高得点を記録しました。特に、言及すべきところは、彼女について最も印象的だったことはフリー冒頭のトリプルアクセルで失敗した後、彼女もネイサン・チェン同様に巻き返しました。魔法のようなフリーを見せつけたのです。彼女はGPファイナルのチャンピオンなのです」と絶賛。フリー「Beautiful Storm」では冒頭の3回転半ジャンプで着氷時に手を突く場面もあったが、男子で優勝したチェン同様の修正力を披露し、表彰台の頂点にたどり着いた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集