[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、権威あるリング誌表紙に担当者も興奮「96年の歴史でイノウエが初だ!」

来春予定されているボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」は公式ツイッターで来年2月号で単独表紙となることを動画とともに発表。海外のボクシングファンからは「スゴイ」「史上最高の表紙だ」と賛辞が並ぶ中、同誌の編集担当者は日本人ボクサーの単独表紙は創刊96年の同誌史上初だと明らかにしている。

リング誌で来年2月号の表紙を飾る井上尚弥【写真:Getty Images】
リング誌で来年2月号の表紙を飾る井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌公式ツイッターが表紙会見の一部始終を動画で公開

 来春予定されているボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」は公式ツイッターで来年2月号で単独表紙となることを動画とともに発表した。海外ファンから「スゴイ」「史上最高の表紙だ」と賛辞が並ぶ中、同誌の編集担当者は日本人の単独表紙は創刊96年の同誌史上初と明らかにしている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「日本で今朝早く…ナオヤ・イノウエとプロモーターのヒデユキ・オオハシは我々の次号の表紙のスターとなることを発表。パウンド・フォー・パウンドの破壊者は写真のポーズを取り、アートワークにサインをした」

 リング誌の公式ツイッターは、こんなメッセージとともに歴史的な瞬間を動画で報告。WBSS初戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を70秒でノックアウトしたモンスターを「PFPの破壊者」と絶賛しながら、日の丸をバックに拳を合わせるクールな表紙のボードを掲げ、サインペンを走らせる井上の様子も収めている。

 すると返信欄ではファンが早速反応。「東洋のビーストだ」「これはリング誌史上最高の表紙の1つだ。誰の仕事だろうが、何と素晴らしい仕事ぶりだ」「これは凄い表紙だ」「この雑誌を買うのが待ちきれないよ」などと反響の声が次々に上がる中、「偉大な表紙だ。格式高い表紙を最後に飾った日本人ファイターはどれぐらい前なのだろうか?」という海外ファンからの声に担当編集者のトム・グレイ氏はツイートで即答した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集