[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生の盟友フェルナンデス、1月欧州選手権を最後に引退へ 平昌五輪銅メダルの27歳

フィギュアスケートの平昌五輪銅メダリスト、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が1月の欧州選手権(ベラルーシ)を最後に競技引退することを表明した。スペイン紙「AS」など、複数の海外メディアが報じている。

羽生(右)の盟友として知られたフェルナンデス【写真:Getty Images】
羽生(右)の盟友として知られたフェルナンデス【写真:Getty Images】

スペイン紙など複数の海外メディア報道

 フィギュアスケートの平昌五輪銅メダリスト、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が1月の欧州選手権(ベラルーシ)を最後に競技引退することを表明した。スペイン紙「AS」など、複数の海外メディアが報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 フェルナンデスは10年バンクーバー大会で五輪初出場。14年ソチ五輪で4位入賞し、15、16年世界選手権では羽生結弦を2位に抑えて連覇を達成した。今年の平昌五輪では羽生、宇野に次ぐ3位に入り、銅メダルを獲得。以降は世界選手権を欠場し、今季は10月のジャパンオープンに出場したが、国際スケート連盟(ISU)公式戦に出場していなかった。

 同じブライアン・オーサー氏に師事し、同門だった羽生と第一線で競い合い、日本でも多くのファンに愛された27歳は、来年1月に7連覇を目指す欧州選手権を最後に競技を引退する。平昌五輪後はパトリック・チャン(カナダ)、アダム・リッポン(米国)ら名手が引退を表明していたが、また一人、第一線を退くことになった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集