[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子2位「正直びっくり」 笹生優花と日本勢ワンツー、ハグで女王絶賛「おめでとう!マージで強い!」

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープンは現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、2打差4位から出た渋野日向子(サントリー)が2バーディー、4ボギーの72で回り、通算1アンダーの2位。19年のAIG全英女子オープン以来、5年ぶり2度目のメジャー制覇こそ逃したが、優勝した笹生優花(フリー)との日本勢ワンツーの快挙を達成した。渋野は「正直びっくりなんですけど、また新しい、章がスタートできるという感覚。凄く前向きな気持ち」と笑顔で話した。

全米女子オープン最終日をプレーする渋野日向子【写真:ロイター】
全米女子オープン最終日をプレーする渋野日向子【写真:ロイター】

海外メジャー・全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープンは現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、2打差4位から出た渋野日向子(サントリー)が2バーディー、4ボギーの72で回り、通算1アンダーの2位。19年のAIG全英女子オープン以来、5年ぶり2度目のメジャー制覇こそ逃したが、優勝した笹生優花(フリー)との日本勢ワンツーの快挙を達成した。渋野は「正直びっくりなんですけど、また新しい、章がスタートできるという感覚。凄く前向きな気持ち」と笑顔で話した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 第3ラウンドを7バーディー、3ボギーの66で回り、3アンダーの4位に浮上していた渋野。勝負の最終日、厳しいセッティングで序盤はスコアを落とす。3番、4番で連続ボギー。他の上位勢もスコアを崩す中、7番パー5では残り81ヤードからの第3打をピンそば約1メートルにつけてこの日最初のバーディーを奪った。

 しかし8番パー3で3パットのボギー。9番パー4で簡単ではないパーパットを沈め、首位のミンジー・リー(オーストラリア)と3打差でサンデーバックナインに入った。10番パー4ではパーパットを外してボギーを叩くも、12番パー3で7メートルのバーディーパットを沈めて首位と1打差。ラインを読み切ってガッツポーズとともに笑顔がはじけた。

 14番パー4ではティーショットを左に曲げてバンカーに入れると、2打目もグリーンをとらえられずラフへ。それでもなんとかパーで凌いだ。最終18番、先の組でプレーしていた笹生がホールアウトすると、フェアウェー上で両手を上げて拍手。その後、笹生と対面すると祝福のハグを交わし「おめでとう!マージで強い!」と絶賛していた。

 ホールアウト後のインタビューでは「かなりショットが散ってしまった。パターもなかなか決めきれず、スコアを落としてしまって残念ではあったけれど、結果的に(通算)アンダーで回れたのはよかった」と振り返った。12番のバーディーパットは「凄く盛り上がるパッティングになったと思うのでガッツポーズしちゃいました」と語った。

 4位に入った2020年以来4年ぶりの全米女子オープン決勝ラウンド。今季は9戦6度の予選落ちと苦しんでいたが、久々に優勝争いを繰り広げた。「めちゃくちゃしんどい4日間だったんですけど、ここまでの自分のゴルフの内容だったらあり得ない結果。正直びっくりなんですけど、また新しい章がスタートできるという感覚。凄く前向きな気持ち」と笑顔で大会を終えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集