[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花、3打差逆転で全米女子OP優勝! 2位渋野日向子と日本勢ワンツー! メジャー2勝は日本勢初

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、3打差の5位で出た22歳の笹生優花(フリー)が5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68。通算4アンダーとし、逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた。全米女子OPで2勝を挙げるのは史上16人目。海外メジャー2勝は日本勢初の快挙となった。通算1アンダーの渋野日向子(サントリー)が単独の2位に入り、日本勢ワンツーも達成した。

全米女子オープンで優勝した笹生優花【写真:ロイター】
全米女子オープンで優勝した笹生優花【写真:ロイター】

海外メジャー・全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、3打差の5位で出た22歳の笹生優花(フリー)が5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68。通算4アンダーとし、逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた。全米女子OPで2勝を挙げるのは史上16人目。海外メジャー2勝は日本勢初の快挙となった。通算1アンダーの渋野日向子(サントリー)が単独の2位に入り、日本勢ワンツーも達成した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 笹生は2番パー4でこの日最初のバーディーを奪うも、その後は我慢の戦い。6番パー3で痛いダブルボギーを叩きながらも、他の上位勢もスコアを崩す中で踏ん張った。勝負のサンデーバックナイン。12番パー3でこの日2つめのバーディーを奪って首位に並ぶと、13番パー5でも1メートルを沈めて連続バーディー。遂に単独首位に躍り出た。

 さらに15番パー4でもバーディー。小祝さくらとの同組で笑顔も見せる中、16番パー4では飛距離を活かしてワンオンに成功。連続バーディーで突き放した。17番パー3ではラインが読み切れずボギーを叩いたものの、最終18番パー4は第3打はグリーン手前からきっちり寄せてパー。ガッツポーズで締めくくった。22歳11か月13日での大会2勝目は史上最年少となった。

 笹生は2019年に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の最終プロテストに合格。20年に国内女子ツアー2勝を飾り、21年に日本人として初めて全米女子オープンを制した。当時、19歳11か月17日。史上最年少タイ記録での優勝だった。昨年も全米女子プロで2位に入るなど実力を示してきた22歳が、再び頂点を掴んだ。

■笹生優花(さそう・ゆうか)

 2001年6月20日生まれ。日本人の父とフィリピン人の母を持ち、5歳から日本で暮らす。フィリピンに戻った8歳から父の影響でゴルフを始めた。18年のアジア大会女子個人戦で金メダル。19年の「オーガスタ女子アマ」では3位に入った。JLPGAプロテスト合格後は尾崎将司に師事。20年のJLPGAツアー・NEC軽井沢72でツアー初優勝を果たすと、次戦のニトリレディスも制して10代では宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3人目の2戦連続優勝を果たした。21年の全米女子オープンで海外メジャー初制覇。同年の東京五輪にはフィリピン代表で出場し、9位だった。五輪後に日本国籍を選択している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集