[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子で「タイガーの奇跡を思い出す」 ゴルフの神様を微笑ませた瞬間「こりゃ凄い」の声

米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第3日が1日(日本時間2日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、5打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)は通算3アンダーで首位と2打差の4位に浮上した。14番ではカップの縁に止まった球が“10秒後”にカップイン。米ファンから「ありえない!!!!!」と驚きの声が上がっていたが、日本人ファンにも「タイガー・ウッズみたい」と反響が広がっている。

全米女子オープンに出場している渋野日向子【写真:Getty Images】
全米女子オープンに出場している渋野日向子【写真:Getty Images】

思わず笑う渋野日向子のプレー

 米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第3日が1日(日本時間2日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、5打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)は通算3アンダーで首位と2打差の4位に浮上した。14番ではカップの縁に止まった球が“10秒後”にカップイン。米ファンから「ありえない!!!!!」と驚きの声が上がっていたが、日本人ファンにも「タイガー・ウッズみたい」と反響が広がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 世界のゴルフ史に残る名シーンを思い出したファンは多かっただろう。14番パー4、ピンまで10メートル弱。渋野はカラーからパターで優しく転がした。バーディーかと思われたが、カップの縁でストップ。完全に止まった。しかし、時間を置くとコロンとひと転がり。ギャラリーも時が止まったかのように静寂に包まれたが、一気に沸騰した。

 動画を公開した大会公式インスタグラムとXは、それぞれの文面で「落ちそう…」「それを待って…待って…落ちた!」「ヒナコ・シブノが14番でクラシックな遅れたバーディーを決めた」と記して紹介。米ファンは「ありえない!!!!!」と仰天していたが、反響はさらに拡大。全米女子プロゴルフ協会の公式Xのコメント欄では、日本人ファンがこう書き込んでいた。

「2005タイガー・ウッズ マスターズ16番の奇跡を思い出す」
「こんなことあるんですね」
「ゴルフの神様が微笑んだ瞬間!」
「このパットは、タイガーウッズのマスターズを思い出すねー」
「渋野、いつぞやのマスターズでのタイガー・ウッズみたいなことに」
「こりゃ凄いな」
「最後まで諦めない大事さ学ぶ」
「この人はやっぱり何か持ってる」

 2005年マスターズ最終日の16番。ウッズ(米国)はグリーン脇からのアプローチを放った。ラインに乗ったボールはカップの縁で止まったかと思われたが、ゆっくりともう一転がり。4度目のマスターズ制覇に繋がった。体をのけぞらせながら繰り出したガッツポーズは、「タイガーポーズ」と称されるほど語り草になった伝説のシーンだ。

 今回はウッズになぞらえたファンも多かったようだ。首位は5アンダーのミンジ・リー(オーストラリア)ら3人。この日の渋野は7バーディー、3ボギーの66で回り、3アンダーで4位に浮上した。4位に入った2020年以来4年ぶりの全米女子オープン決勝ラウンド。今季は9戦6度の予選落ちと苦しんでいたが、19年8月全英女子オープン以来の海外メジャー優勝の期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集