[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子の5位復調ショットに米実況驚き「オー、ホップして飛び越えた!」 全米女子OPでV争い

米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第2日が5月31日(日本時間6月1日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、3打差15位で出た渋野日向子(サントリー)は3バーディー、3ボギーの70で回り、通算1オーバーで首位と5打差の5位に浮上した。9番のスーパーショットに対し、米実況は「オー、ホップして飛び越えた!」と称賛している。

ランカスターCCで行われている全米女子オープンに出場している渋野日向子【写真:Getty Images】
ランカスターCCで行われている全米女子オープンに出場している渋野日向子【写真:Getty Images】

渋野日向子が5位浮上

 米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第2日が5月31日(日本時間6月1日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、3打差15位で出た渋野日向子(サントリー)は3バーディー、3ボギーの70で回り、通算1オーバーで首位と5打差の5位に浮上した。9番のスーパーショットに対し、米実況は「オー、ホップして飛び越えた!」と称賛している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 渋野のショットにギャラリーが拍手喝采だった。前半9番パー4の第2打。心地よい打球音を響かせ、放物線を描いたボールはグリーンに着弾した。右手前から傾斜を使い、ピン左50センチにピタリ。楽々とバーディーを奪った。

 動画を公開した全米女子オープン公式Xは、文面で「ヒナコ・シブノの直近6ホールで3つめのバーディー」と記して紹介。動画内の実況も「オー、ホップして飛び越えた!」と驚き、解説も「彼女は短いピッチショットを理解している」と説明した。

 4位に入った2020年以来4年ぶりの全米女子オープン決勝ラウンド進出。今季は9戦6度の予選落ちと苦しんでいたが、優勝争いで好位置につけた。笹生優花が1アンダーで日本人トップの3位とした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集