[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

放送禁止用語を発した女子ゴルファーに米笑撃 生中継に映った口元は「職場では言えない」

米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第2日が5月31日(日本時間6月1日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、世界ランク1位ネリー・コルダ(米国)は3バーディー、3ボギーの70で回り、通算10オーバーで首位と14打差の83位で予選落ちした。初日に10打を叩いたホールでパーセーブ。直後の口元が生中継に映り、米メディアは「職場では言えない」と伝えた。

全米女子オープン第2日に出場したネリー・コルダ【写真:Getty Images】
全米女子オープン第2日に出場したネリー・コルダ【写真:Getty Images】

コルダの口元に注目

 米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第2日が5月31日(日本時間6月1日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、世界ランク1位ネリー・コルダ(米国)は3バーディー、3ボギーの70で回り、通算10オーバーで首位と14打差の83位で予選落ちした。初日に10打を叩いたホールでパーセーブ。直後の口元が生中継に映り、米メディアは「職場では言えない」と伝えた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 確かに口元はそう動いていたようだ。前半12番パー3。コルダは約6メートルのパットを沈めてパーセーブした。大歓声に右手を挙げて応えると、両手を広げながら言葉を発した。米実況席から「Hahahahah」と笑い声が漏れている。「F**k you!」の“放送禁止用語”だったようだ。

 米専門メディア「ゴルフダイジェスト」に寄稿しているシェーン・ライアン記者が生中継の動画を公開した。米専門誌「ゴルフウィーク」は「コルダは、木曜に10打叩いたホールでパーセーブした後、面白い“職場には向かない”瞬間をもたらした」と題して報道。ネイティブなら悔しい時に言いがちなワードに対し、「カップへ振り返り、“職場では言えない”コメントを陽気に残した」と振る舞いを伝えている。

 海外メジャー2勝を含む米ツアー通算14勝のコルダは、今大会前まで今季出場5連勝を含む6勝だった。しかし、初日は137位と大きく出遅れ、予選通過には2打届かなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集