[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本でかなり評価の高い選手」 8年ぶり世界戦のボクサー加納陸、拳四朗を追い詰めた強敵警戒

ボクシングのWBO世界フライ級1位・加納陸(大成)が31日、都内で会見し、7月20日に東京・両国国技館で行われるトリプル世界戦興行で同級2位アンソニー・オラスクアガ(米国)との王座決定戦を行うと発表した。8年ぶりの世界挑戦。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信される。戦績は26歳の加納が17勝(8KO)3敗1分け、25歳のオラスクアガが6勝(4KO)1敗。

都内で会見に出席し、カメラにファイティングポーズを取る加納陸【写真:中戸川知世】
都内で会見に出席し、カメラにファイティングポーズを取る加納陸【写真:中戸川知世】

7.20トリプル世界戦

 ボクシングのWBO世界フライ級1位・加納陸(大成)が31日、都内で会見し、7月20日に東京・両国国技館で行われるトリプル世界戦興行で同級2位アンソニー・オラスクアガ(米国)との王座決定戦を行うと発表した。8年ぶりの世界挑戦。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信される。戦績は26歳の加納が17勝(8KO)3敗1分け、25歳のオラスクアガが6勝(4KO)1敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大舞台に心を燃やしている。加納は8年ぶりの世界戦。「やっと戻ってこられた」と率直な気持ちを明かしつつ、「ここまで来たらあっという間というのも素直なところ」と真っすぐな想いを漏らした。「本当に楽しみな気持ちと、次こそは必ず王座奪取するぞっていう熱い気持ちがあります」。視界には世界王座しかない。

「対戦相手のオラスクアガ選手も日本でかなり評価の高い選手だと思っている。そんな選手に自分が勝利して世界王座を奪取しますので、応援よろしくお願いします」

 日本ボクシングコミッション(JBC)の管理下では17歳だった2015年6月にプロデビュー。これ以前もフィリピンやタイで実戦経験がある。国内デビュー5戦目にWBOアジアパシフィック・ミニマム王座を獲得。しかし、18歳だった16年8月、高山勝成(仲里)とのWBO世界同級王座決定戦で6回負傷判定負け。以降も2度敗れたが、2階級上げ、8年ぶりに世界戦へとたどり着いた。

 相手の印象については「ほんとに好戦的でパンチ力のある強い選手」と警戒。強敵撃破の鍵は「この試合に対するモチベーション。そこはもう負けてないと思うので、初回からガンガン攻めていきたい」と思い描いた。5月始めに走り込みを完了。今週から本格的なスパーリングを始めた。今後はフィリピンから世界ランカーを招聘するという。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集