[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全員10代、経験者ゼロに「怖い。でも楽しみ」 体操女子・五輪代表5人に強化本部長が向けた本音

パリ五輪体操女子の日本代表メンバー5人が決まった。最終選考会を兼ねたNHK杯が18日、群馬・高崎アリーナで行われ、3連覇を果たした宮田笙子(19=順大)ら4月の全日本選手権との合計得点上位4人が個人総合枠で代表入り。5人目には跳馬で高得点を並べた牛奥小羽(19=日体大)がチーム貢献度から選出された。全員が10代で、いずれも五輪初出場。フレッシュな選手たちが、団体で64年東京五輪以来のメダル獲得を目指す。

優勝カップを手に表彰台から降りる宮田笙子【写真:中戸川知世】
優勝カップを手に表彰台から降りる宮田笙子【写真:中戸川知世】

NHK杯で体操女子のパリ五輪代表が決定

 パリ五輪体操女子の日本代表メンバー5人が決まった。最終選考会を兼ねたNHK杯が18日、群馬・高崎アリーナで行われ、3連覇を果たした宮田笙子(19=順大)ら4月の全日本選手権との合計得点上位4人が個人総合枠で代表入り。5人目には跳馬で高得点を並べた牛奥小羽(19=日体大)がチーム貢献度から選出された。全員が10代で、いずれも五輪初出場。フレッシュな選手たちが、団体で64年東京五輪以来のメダル獲得を目指す。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

「ちょっと、怖いですね。でも、楽しみでもあります」。日本体操協会の田中光女子強化本部長は、本音を口にした。19歳から16歳までの5人全員が五輪初体験。「やっぱり特別な場ですから、経験者がいないのは不安もあります。ただ、若いだけに当たれば大きい。伸びしろに期待しています」と話した。

 体操の団体は、選手を入れ替えながら五輪に臨んできた。21年東京の村上茉愛、16年リオデジャネイロの寺本明日香、12年ロンドンの鶴見虹子、チームの中心には常に前回大会の経験者がいた。しかし、今回は3大会連続出場を狙った杉原愛子が落選。東京五輪平均台6位でチーム貢献度での代表入りを目指した芦川うららも届かず、五輪経験者がゼロのチームになった。

 56年メルボルン大会から女子団体に出場する日本にとって、歴史的にも異例のメンバー構成になった。これまで前回五輪の経験者0で団体戦に出場したのは平均年齢16.3歳で6位になった84年ロサンゼルス大会だけ。過去の団体戦には常に20代の選手がいたから、10代の選手だけで団体に出場すれば初の挑戦となる。

 だからこそ、エースとして宮田の意識は高い。4月の全日本選手権でトップに立ち、NHK杯の1日目で五輪代表を確実にすると「今日は団体決勝のつもりで臨んだ。自分のこと以上にチームを意識して演技した」と話した。股関節の痛みで満足な演技はできなかったが、最高のパフォーマンスは「パリにとっておく」と言いきった。

1 2

荻島 弘一

1960年生まれ。大学卒業後、日刊スポーツ新聞社に入社。スポーツ部記者としてサッカーや水泳、柔道など五輪競技を担当。同部デスク、出版社編集長を経て、06年から編集委員として現場に復帰する。山下・斉藤時代の柔道から五輪新競技のブレイキンまで、昭和、平成、令和と長年に渡って幅広くスポーツの現場を取材した。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集