[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

爆発「65」の暫定首位も「頑張らない」 河本結、好調の今意識する自然体「何位でいようと…」

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスが16日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で開幕。日没サスペンデッドで27人がホールアウト出来ない中、ツアー通算1勝の25歳・河本結(RICOH)は8バーディー、1ボギーの65で18ホールを消化。7アンダーで暫定首位に立った。今季好調で周囲からの期待が高まったが、前週のRKB×三井松島レディスは47位。「力んでしまった」と反省を胸に、“頑張らないゴルフ”で最高のスタートを切った。

ブリヂストンレディス初日に出場した河本結【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディス初日に出場した河本結【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスが16日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で開幕。日没サスペンデッドで27人がホールアウト出来ない中、ツアー通算1勝の25歳・河本結(RICOH)は8バーディー、1ボギーの65で18ホールを消化。7アンダーで暫定首位に立った。今季好調で周囲からの期待が高まったが、前週のRKB×三井松島レディスは47位。「力んでしまった」と反省を胸に、“頑張らないゴルフ”で最高のスタートを切った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 動じないゴルフでリーダーボードを駆け上がった。1番パー4。157ヤードから放った第2打をピンまで5メートルにつけてバーディー発進。ここから3連続で伸ばした。その後も勢いは止まらず、12番まで終えて8バーディー。15番パー4でこの日初のボギーを叩いたが、残り3ホールはしっかりとパーセーブし、「良い1日だった」と納得の表情を浮かべた。

 雨の影響で1時間44分の中断を挟んだ大会初日。「中断が決まったのがスタート前でラッキーだったので、アンラッキーもあるという心構えでいた」。65は大会コース記録に並ぶ爆発。ピンチが来ても気持ちを切らすことはなく「ずっとフラットでできた」と胸を張った。

 前々週まで2週連続でトップ10に入るなど、19年3月のアクサレディス以来となる2勝目が期待されている。SNSの激励コメントも昨年と比べて倍に増えたが、前週のRKB×三井松島レディスでは47位に終わった。「優勝したい気持ちが強すぎて力んでいた」。周囲の思いに応えたい一心で練習もオーバー気味になった。だからこそ、今大会のテーマは「頑張らないこと」。平常心でプレーし、好スコアに繋げた。

 渋野日向子、畑岡奈紗、小祝さくららと同じ1998年度生まれの黄金世代。今季は11戦中トップ10が5度と存在感を示しており、やはり5年ぶりの優勝は視界に入る。それでも「何位でいようと自分の一打に集中して『頑張らないこと』を意識してやりたい」ときっぱり。自然体を貫く25歳が最高のスタートを切った。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集