[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

またも大谷超え142m弾でどよめき「ミサイルだ」「これぞモンスター」 ジャッジ衝撃の3階席弾

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手がまたも驚愕弾を放った。15日(日本時間16日)に行われた敵地ツインズ戦に「3番・中堅」で先発すると、初回に先制の11号ソロ。左翼スタンド3階席に飛び込んだ一打は打球速度113マイル(約181.9キロ)、飛距離467フィート(約142.3メートル)の大アーチ。米ファンには「ミサイルだ」「モンスターショット」と衝撃が広がっている。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

今季MLB3位の飛距離

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手がまたも驚愕弾を放った。15日(日本時間16日)に行われた敵地ツインズ戦に「3番・中堅」で先発すると、初回に先制の11号ソロ。左翼スタンド3階席に飛び込んだ一打は打球速度113マイル(約181.9キロ)、飛距離467フィート(約142.3メートル)の大アーチ。米ファンには「ミサイルだ」「モンスターショット」と衝撃が広がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 とんでもないところまでかっ飛ばした。初回2死走者なし、ジャッジは右腕パブロ・ロペスが投じた初球94.7マイル(約152.4キロ)の速球を振り抜くと、打球は左翼3階席に突き刺さった。ホームランボールをつかんだファンも大喜び。涼しい顔でダイヤモンドを一周すると、ホームベースの前で天に向かって指をかざした。

 MLB公式Xは「アーロン・ジャッジが467フィート弾!」とつづって動画を公開。米ファンからは「ミサイルだ」「彼は帰ってきたぞ」「これぞモンスターショットだ!」「凄いな」「今日一の一発だ」「ヤバすぎ!」といった衝撃の声が集まっている。

 ジャッジは9日(同10日)のアストロズ戦で473フィート(約144.1メートル)で今季MLB最長タイとなる本塁打を記録。4月1日(同2日)にエンゼルスのマイク・トラウト外野手が放った473フィート弾と並んでいた。今回の本塁打は今季MLB3位の記録。ドジャースの大谷翔平投手が5日(同6日)のブレーブス戦で放った464フィート(約141.4メートル)の飛距離を上回る一発だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集