[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゲーム好きの少年・宇野昌磨が氷の虜になるまで 重ねた21年、最後は4位でも「やり切った顔」に

宇野の会見では終始笑顔が絶えなかった【写真:矢口亨】
宇野の会見では終始笑顔が絶えなかった【写真:矢口亨】

最後まで宇野らしい会見、自分自身へ「彼はよくやったなと思う」

 この日の笑顔に辿りつくまでには苦悩もあった。共に日本フィギュア界を引っ張ってきた羽生結弦、しのぎを削ってきたネイサン・チェンが競技会から先に去った。「凄く寂しい気持ちと、取り残された気持ちがあった」。2年前から頭に引退がちらつき始めた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 落ち込んでも、悩んでも、スケート靴を履けば無心で打ち込めた。原動力は自分でも「正直、分からないです」。かつては大好きなゲームのためにスケートを頑張っていた少年が、いつしか競技の魅力に取りつかれていた。

「フィギュアスケートだけを全力でやってきた。もちろんゲームも全力でやってきたんですけど(笑)。新しい道というのをあまり考えていなくて、いろんなところに視野を広げて、いろんな経験をしていきたいと思っています」

 真面目に今後を語った後「競技から離れた分、ゲームにも費やせる時間が増えるかな」とジョークも忘れないお茶目な26歳。昨年9月のインタビューに応じる自身の姿を見て「引退して間もないですけど、彼はよくやったなと僕は思います」とも笑顔交じりに話した。

 今後はプロ転向を見据える。「前向きな気持ちで、まだまだスケートを続けていく意味でも全然悲しい気持ちはない。(プロスケーターは)自分の生き方にマッチしていると思う。すごく楽しみ」。退席時は何度もぺこぺこと頭を下げ、お辞儀を繰り返すようにして扉の向こうへ。最後まで宇野らしい引退会見だった。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集