[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今永昇太の牽制に「笑っていたんだ」 2度も“騙した”技術に同僚驚愕「アンビリーバブルな投手だ」

米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し5回を被安打7本、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板した。チームは0-2で敗れたものの、今永に勝敗はつかなかった。球場を沸かせたのが、走者を2度仕留めてみせた牽制のテクニック。同僚内野手があまりの驚きに「笑ってしまった」と裏側を明かしている。

ブレーブス戦に先発した今永昇太【写真:ロイター】
ブレーブス戦に先発した今永昇太【写真:ロイター】

防御率0.96の今永昇太、ブレーブス相手に牽制2度成功

 米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、敵地アトランタで行われたブレーブス戦に先発登板し5回を被安打7本、8奪三振で無失点。再び防御率を0点台(0.96)に下げ降板した。チームは0-2で敗れたものの、今永に勝敗はつかなかった。球場を沸かせたのが、走者を2度仕留めてみせた牽制のテクニック。同僚内野手があまりの驚きに「笑ってしまった」と裏側を明かしている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 この試合、今永は初回先頭のアクーニャJr.を四球で歩かせたものの、1死後自らの一塁牽制で刺してみせた。5回には先頭のアルビーズに左前打を許し、1死後オルソンの打席で牽制。逆を突かれたアルビーズは這いつくばりながら一塁に戻ったもののアウトになった。走者を置いても動じることなく走者をだます、今永のテクニックが光った。

 この場面について、貴重な証言を寄せたのがカブスの三塁を守っていたモレルだ。MLB公式サイトの取材に対し「アルビーズを牽制でアウトにしたとき、チームメートの何人かは笑っていたんだ。僕も笑ったよ。『あいつまたやったよ』って」と明らかにしている。

 この試合チームは敗れ、今永に勝敗は付かなかった。ただここまで5勝0敗という安定感は、チームメートの信頼もつかみつつある。モレルは「イマナガはアメージングだ。誰が打席に立とうが、彼はただただ戦い続ける。アンビリーバブルな投手だよ」と繰り返す。深まる絆がさらに数字を伸ばしてくれるに違いない。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集