[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の階級変更論に敗者フルトンが持論 「俺ならそうする。体のピークと感じない限り…」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の衝撃逆転勝ちに対し、過去に敗れた選手が反応した。井上は6日に元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回TKO勝ち。昨年7月に井上に8回TKO負けした前WBC&WBO同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)は、井上の将来的な階級変更について「これ以上登れない位置まで登り続けろ」と持論を展開している。

ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

フルトンが米メディアに出演

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の衝撃逆転勝ちに対し、過去に敗れた選手が反応した。井上は6日に元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回TKO勝ち。昨年7月に井上に8回TKO負けした前WBC&WBO同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)は、井上の将来的な階級変更について「これ以上登れない位置まで登り続けろ」と持論を展開している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 フルトンは米専門メディア「ファイトハイプ」公式YouTubeチャンネルに出演。井上がネリから初回にダウンを奪われながら、3つのダウンを奪い返す逆転勝ちを飾った試合について語った。ボクサーの目から見て「俺はこのチャンスを逸していた」と思うようなことはあったかという質問には「いいや。そんなことは考えなかったね」と否定した。

 自身は今年6月15日(日本時間同16日)にフェザー級で再起戦を行う。世界王座を持っていれば、将来的に井上が階級を上げた際の対戦候補になるだけに、再戦の意欲について「ああ、もちろんさ。間違いなく俺の名誉を挽回したいよ。自分自身に欠点がたくさんあった」と希望した。井上は当面スーパーバンタム級で戦う方針。インタビュワーから転級の是非を聞かれたフルトンは「わからないな」としつつ、こう続けた。

「これ以上登れないところまで、はしごを登り続けろ。俺ならそうするかな。体や年齢のピークに達したと感じない限りはね。脳とか何かにダメージを受けすぎる前に止めないと。数多く打撃を受けようが受けまいが、体や脳にはダメージがあるものだから」

 すでにライトフライ級から5階級分上げてきた井上に対し、同じボクサーとして助言を送っていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集