[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のPFP1位浮上に反対する者へ 元世界王者「1位は何も問題ない」「順位は主観的なもの」

世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は9日(日本時間10日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表し、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1位に浮上。全階級を通じた世界最強ランクで約2年ぶりに再び頂点に立った。元世界王者も井上1位を支持。反対の声に「問題ない」と持論を展開している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

元IBF世界スーパーウェルター級王者イシュー・スミス氏

 世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は9日(日本時間10日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表し、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1位に浮上。全階級を通じた世界最強ランクで約2年ぶりに再び頂点に立った。元世界王者も井上1位を支持。反対の声に「問題ない」と持論を展開している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したPFP。井上はリング誌の格付けで、前回トップから陥落した2022年8月以来となる首位に立った。しかし、これまで首位だった世界ウェルター級3団体統一王者テレンス・クロフォード(米国)を推す声もある。そんな中、元IBF世界スーパーウェルター級王者イシュー・スミス氏は自身のX(旧ツイッター)で、このように主張した。

「イノウエのPFP1位には何も問題ない。上位ランカーたちの評価を落としているのは試合数の少なさだ。イノウエもクロフォードも偉大なボクサーだよ。ランキングはかなり主観的なものだから、オレは(井上の首位に反論する)他の奴ら程真剣には捉えていない」

 クロフォードは昨年7月にエロール・スペンスJr.と対戦以降リングに上がっていない。PFP3位のWBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)も、最後の試合は昨年8月だ。リング誌は、投票の内容も公表。投票者のうち10人の意見が紹介されており、8人が井上を支持、2人がテレンス・クロフォードを支持したとされ、井上は圧倒的な支持を得ていたようだった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集