[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥への“米国で戦え”の声に反論 元WBO王者「来る必要ない。この男は普通じゃない」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の試合開催地について、元WBO世界スーパーライト級王者が自論を展開している。6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。早朝の米国から試合を見届けた元王者は「この世のものではなかった。彼は米国に来る必要なんてない!」と主張している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

元WBO世界スーパーライト級王者のクリス・アルギエリ氏が力説

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の試合開催地について、元WBO世界スーパーライト級王者が自論を展開している。6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。早朝の米国から試合を見届けた元王者は「この世のものではなかった。彼は米国に来る必要なんてない!」と主張している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 3度のダウンを奪う逆転TKOで4万3000人を熱狂させた井上。世界からの注目度も高く、米国開催を望む海外ファンも多い。そんな中、米専門メディア「プロボックスTV」の番組「ディープ・ウォーター」に出演した元WBO世界スーパーライト級王者のクリス・アルギエリは世間の「米国で試合をするべき」という声に反論した。

 米国在住のアルギエリは朝6時半に起床し、ネリ戦を観戦していたという。何度も叫び声を上げるほど試合内容に興奮。「非常にエキサイティングな戦いだった。122ポンド(スーパーバンタム級)の試合のために、5万人近くが東京ドームに。これはこの世のものじゃない」と観客の熱狂ぶりに驚きを口にし、「だから、彼は米国に来る必要なんかないと私は主張したい」と力説した。

 東京ドームの観客席を埋め、時差のある海外からも視聴される状況を説明したアルギエリは「この男のスターパワーは普通じゃない。リングに向かって行く時にはロックスターがギターを弾きながらみんなを興奮させていた。この男は楽しませてくれるんだ」と熱弁。“米国で戦え”の論調を疑問視していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集