[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷141m弾を超えるメジャー最長弾に「オーマイグッドネス」 呆れ笑いするしかないジャッジ9号

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が9日(日本時間10日)、本拠地アストロズ戦で驚愕の一打を放った。左中間に飛び込んだ9号ソロは今季メジャー最長に並ぶ飛距離473フィート(約144.2メートル)、打球速度115.7マイル(約186.2キロ)の特大弾。打たれた瞬間に投手はうなだれ、米実況席は呆れたように吹き出すしかなかった。

本拠地アストロズ戦で特大9号ソロを放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
本拠地アストロズ戦で特大9号ソロを放ったヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

アストロズ戦で9号ソロ

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が9日(日本時間10日)、本拠地アストロズ戦で驚愕の一打を放った。左中間に飛び込んだ9号ソロは今季メジャー最長に並ぶ飛距離473フィート(約144.2メートル)、打球速度115.7マイル(約186.2キロ)の特大弾。打たれた瞬間に投手はうなだれ、米実況席は呆れたように吹き出すしかなかった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 打球が上がった瞬間、球場がざわめきに包まれた。2-4とビハインドで迎えた8回1死走者なしの場面。救援右腕プレスリーの内角チェンジアップを捉えると、ジャッジは本塁打を確信したようにゆっくり歩き出した。左中間の観客席深くへと飛び込む9号ソロ。打たれたプレスリーは諦めたようにすぐさまうなだれた。米実況席は「オーマイグッドネス」と呆れたように笑うしかなかった。

 飛距離は473フィート。MLB公式サイトによると、エンゼルスのマイク・トラウト外野手が4月1日(同2日)のマーリンズ戦で放った3号ソロに並び、今季メジャー最長だ。3位はドジャースの大谷翔平投手が5日(同6日)の本拠地ブレーブス戦で放った464フィート(約141.5メートル)の10号ソロ。これを9フィート(約2.7メートル)上回ったことになる。

 ジャッジはこの日4打数1安打1打点。開幕直後は不振に陥っていたが、ここ7試合は打率.417、3本塁打、OPS1.475と調子を上げてきている。なお、ヤンキースは3-4でアストロズに敗れ、6連勝とはならなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集