[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、タイソン指導した名伯楽も絶賛 ターミネーターに重ね「見えないものが見えている」

6日に東京ドームで行われたボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦で、王者・井上尚弥(大橋)はWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。いきなりダウンを喫する波乱の展開も、終わってみれば日本ボクシング界に因縁がある“悪童”を粉砕。米国の名トレーナーはダウン後の振る舞いに触れたうえで「フィニッシュは美しかった」と称賛している。

世界スーパーバンタム級タイトルマッチでルイス・ネリと対戦した井上尚弥【写真:荒川祐史】
世界スーパーバンタム級タイトルマッチでルイス・ネリと対戦した井上尚弥【写真:荒川祐史】

ネリに6回TKO勝ち

 6日に東京ドームで行われたボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦で、王者・井上尚弥(大橋)はWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。いきなりダウンを喫する波乱の展開も、終わってみれば日本ボクシング界に因縁がある“悪童”を粉砕。米国の名トレーナーはダウン後の振る舞いに触れたうえで「フィニッシュは美しかった」と称賛している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 スーパーバンタム級でも4団体統一を成し遂げ、日本ボクシング界にとって因縁が深いネリも沈めた井上。これまでマイク・タイソンを指導した経験もあり、数々の世界王者を育ててきた米国の名トレーナー、テディ・アトラス氏がこの結果に反応している。

 米ボクシングポッドキャスト番組「ザ・ファイト・ウィズ・テディ・アトラス」で「彼は我々に今まで見せてこなかったものを見せた」と注目し、「王者のように戦うだけでなく、王者のような振る舞いもした。ダウンを喫した後に王者のように振る舞ったのだ」と、試合では自身初となったダウン後の戦い方に目を見張った。

 動画内では井上のテクニック、距離をコントロールする能力、カウンターパンチ、ボディーパンチ、フィニッシュ力を絶賛。「なぜ、彼がこれほど優れているか? それは、他の選手たちには見えないものが見えているからだよ」と分析し、こう続けた。

「イノウエは(テレンス)クロフォードと同じように、他の選手が見えないものが見えている。パンチを当てるのに1つの方法しか見えないようでも、彼には10の方法が見えている。ターミネーターのようにね。それを実際のスピードでやっているんだ。みんなができることではないぞ」

 そのうえで、ネリをTKOした最後のシーンについて言及。「フィニッシュのパンチは美しかった。正確無比で、賢くもあった。知識に基づいたパンチだったんだよ。彼には、どこに打ち込めるかが見えるビジョンがあるからなんだ」と賛辞を送った。

 これまでも井上の能力を絶賛してきたアトラス氏。その中でもネリ戦の戦いぶりは一目置く内容だったようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集