[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ネリを見下ろしていた“無慈悲な1枚” 「ザ・ベスト」「実に見事」海外も興奮

6日に東京ドームで行われたボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦で、王者・井上尚弥(大橋)はWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。初回にキャリア初のダウンを喫しながらも、冷静に立て直して“逆転勝利”という劇的な結末。米メディアは“悪童成敗”の瞬間をとらえた1枚の写真を公開。日本だけでなく、海外ファンから「ザ・ベスト」「実に見事」といった反響が寄せられている。

ルイス・ネリにTKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ルイス・ネリにTKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

ネリに6回TKO勝利

 6日に東京ドームで行われたボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦で、王者・井上尚弥(大橋)はWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。初回にキャリア初のダウンを喫しながらも、冷静に立て直して“逆転勝利”という劇的な結末。米メディアは“悪童成敗”の瞬間をとらえた1枚の写真を公開。日本だけでなく、海外ファンから「ザ・ベスト」「実に見事」といった反響が寄せられている。

 最後は見下ろしていた。6回、井上はロープ際にネリを追い詰めて右アッパーで仕留めた。まともに食らったネリは首をロープに打ち付けるようにして崩れ落ち、ロープ間にもたれ込んだ。マウスピースを吐き出す挑戦者に対し、井上は一瞥をくれた。

 米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式X(旧ツイッター)は「ザ・モンスター」と題し、悪童を成敗したシーンの象徴的な1枚の写真を公開。海外ファンからも井上に対する興奮の声が相次いだ。

「モンスターのボクシングは実に見事だった。彼は気合いを入れて、チャンピオンらしいボクシングをした」
「ザ・ベスト!」
「素晴らしい!」
「#1 P4P」

 日本人ファンからも「ショットガンのような右ショート」「凄い写真だ!」「おお」といった衝撃のコメントが寄せられた写真。世界のボクシングファンに井上の強さを印象付けた1枚となったようだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集