[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、井上尚弥からダウン奪取で「終わりだと思ったけど…」 一夜明けで語った逆転負けの顛末

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは病院に直行したため会見などは行われなかったが、一夜明けて米専門メディア「ボクシングシーン.com」のインタビューに応じている。井上に試合では人生初のダウンを喫させる快挙もあり「もう終わりだと思った」と振り返っている。

井上尚弥と戦ったルイス・ネリ【写真:荒川祐史】
井上尚弥と戦ったルイス・ネリ【写真:荒川祐史】

井上尚弥に6回TKO負け

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは病院に直行したため会見などは行われなかったが、一夜明けて米専門メディア「ボクシングシーン.com」のインタビューに応じている。井上に試合では人生初のダウンを喫させる快挙もあり「もう終わりだと思った」と振り返っている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初回に左フックを井上の顎に着弾させ、ダウンを奪ったネリ。しかし、そこからモンスターに盛り返されると、計3度のダウンを喫し、6回TKOで敗れた。ダメージの色濃いネリは決着後、すぐに立ち上がれず呆然。試合後、井上と健闘を称え合う握手を交わしたが、病院へ直行。関係者からは「本日のネリ選手のインタビューは大事を取って病院に行くため、実施はなしとなりました」とアナウンスされた。

 一夜明けた7日に「ボクシングシーン.com」のインタビューに応じたネリ。記事では「ネリが悪者からアンチヒーローへ一周」の見出しがついていた。ネリは「気分はいい」とコメントする一方、「少しがっかりしている」とも話している。

「自分にはもっとできると分かっているし、少しイライラしているが、自分の力を示して、第1ラウンドで彼を倒すことができたのが嬉しい」

 井上がダウンを喫したのはプロ初。東京ドームは悲鳴に包まれ、悪童は「ああ、もう終わりだと思った」と勝利を確信したという。しかし仕留めきれず、その後逆転負け。「自分の中にあまりパワーを感じなかった。だから、何が起こったのか把握して、ビデオを見なければならない」と当時を嘆きながらも振り返っている。

 3度のダウンを喫し、逆転での6回TKO負けとなった。「イノウエがやったことは、私と向き合い始め、私の頭に入ってきて、試合を変え、動き回り始めたことだと思う」と、チャンピオンの冷静な戦いぶりを表現していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集