[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のPFP1位を断言 米敏腕記者、プロ初のダウンすら「イノウエの功績をより偉大にした」

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。キャリア初のダウンを喫しながら最後は豪快なTKO勝ち。決着を見た英記者は、井上がパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位と断言している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

ネリに6回TKO勝ち

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。キャリア初のダウンを喫しながら最後は豪快なTKO勝ち。決着を見た英記者は、井上がパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位と断言している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 米スポーツメディア「スポルティング・ニュース」は「ナオヤ・イノウエがPFP1位:そこを退けテレンス・クロフォード、モンスターが王者だ」との見出しで記事を掲載。英国出身の元リング誌編集長で、現在は同メディアの記者を務めるトム・グレイ氏は「イノウエが特別なボクサーであることはみんな知っていた。彼はそれ以上だった」と驚き、このように熱弁を振るった。

「モンスターは、スピード、パワー、テクニックが完璧に融合されていると何度も言ってきた。それらの特徴には、最高の選手に戦いたいという彼の熱意と闘争心だけが匹敵できる。そして、イノウエはPFPの他の選手たちよりもずっと多くの試合数をこなしているのだ」

 世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」の最新PFPランキングで1位に立つのは世界ウェルター級3団体統一王者テレンス・クロフォード(米国)。井上は2位だ。グレイ記者は、クロフォードがPFP入りもしている強敵エロール・スペンスJr.に勝利したものの、2020年代に入ってから世界戦は4試合だけであることを指摘。3位の世界ヘビー級3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)も同様だと主張した。

 一方の井上は、その間に世界戦8試合に全勝。クロフォードと同じ2階級4団体統一に成功している。しかも落としたラウンド数は「片手で数えられるほど」であると、圧倒的な強さを強調した。ネリ戦でキャリア初となるダウンを献上した井上。グレイ記者は「ほとんどの偉大なボクサーは、ある時点でダウンを経験するもの」と意に介さず。「その瞬間がイノウエの功績をより偉大にした」と、そこからネリを圧倒したことを称賛していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集