[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷11号で絶句「マジかよ」「常軌を逸している」 3戦4発にビビる米記者たちも超速報

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾。これでメジャー単独トップに浮上した。米記者たちも速報。「マジかよ」ともはや絶句する反応もあった。

第1打席で11号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
第1打席で11号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

マーリンズ戦に「2番・DH」で先発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾。これでメジャー単独トップに浮上した。米記者たちも速報。「マジかよ」ともはや絶句する反応もあった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回無死一塁の第1打席。相手先発ムニョスの投球を中越えにはじき返した。大歓声の中、豪快な打球は11号2ランに。前日のブレーブス戦で2本塁打を放ち、両リーグ最多タイの10号に到達していたが、これでメジャー単独トップになった。

 X上の記者も驚きが隠せない。米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者は「ショウヘイ・オオタニは常軌を逸している。また本塁打を打った。11号でここ3試合で4本塁打だ」と仰天。米カリフォルニア州地元局「NBCロサンゼルス」のマイケル・ドゥアルテ記者は「同点。オオタニがバックスクリーンまでかっ飛ばした」と速報した。

 さらに全米野球記者協会員のエリック・スティーブン記者は「マジかよ」と絶句。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のドジャース番ファビアン・アルダヤ記者も「マイグッドネス、ショウヘイ・オオタニ。3日間で4本塁打だ」とビビっていた。

 これで年間48発ペースに上昇。21年の46発を上回る自己最多のペースになった。2-2の同点としたチームは、続く3番のフリーマンにも2者連発となるソロが飛び出し、逆転に成功している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集