[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人初の東京D世界戦は熱い再戦 王者・阿久井が連勝に強気「立場も実力差も何も変わらない」

ボクシングのWBA世界フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われる。5日は東京ドームホテルで前日計量が行われ、初防衛戦の王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)と、世界初挑戦の同級3位・桑原拓(大橋)はともに50.7キロで一発パス。日本人史上初の東京D世界戦を務める2人が意気込みを語った。戦績は28歳の阿久井が19勝(11KO)2敗1分け、29歳の桑原が13勝(8KO)1敗。

計量を一発パスしたユーリ阿久井政悟(左)と桑原拓【写真:高橋学】
計量を一発パスしたユーリ阿久井政悟(左)と桑原拓【写真:高橋学】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBA世界フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われる。5日は東京ドームホテルで前日計量が行われ、初防衛戦の王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)と、世界初挑戦の同級3位・桑原拓(大橋)はともに50.7キロで一発パス。日本人史上初の東京D世界戦を務める2人が意気込みを語った。戦績は28歳の阿久井が19勝(11KO)2敗1分け、29歳の桑原が13勝(8KO)1敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 2年10か月ぶりの再戦となる2人は、ともに一発で計量をパス。フェイスオフで火花を散らした。最後は両手でガッチリと握手。2021年7月、日本フライ級王者だった阿久井が桑原に10回TKO勝ち。初回と最終回にダウンを奪い、桑原は担架で運ばれた。「どちらが成長したか見せたい」と意気込む挑戦者に対し、王者は「立場も実力差も何も変わっていない」とリベンジを許す気はない。

 1990年のマイク・タイソン―ジェームス・ダグラス戦以来34年ぶりの東京Dボクシング興行。メインイベントは、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦だ。メインイベントを日本人が務めるのは初めてだが、世界戦4つのうち阿久井―桑原がトップバッター。ともに東京Dで世界戦を行う最初の日本人になる。

 阿久井は「大きい会場ではあるが、場所は関係ない」と普段通り。今年1月に6度防衛中だった王者アルテム・ダラキアン(ウクライナ)に3-0の判定勝ちを収め、岡山のジム初となる悲願の世界王座奪取を果たした。

 初の防衛戦となるが、プレッシャーは「特にない」と淡々。桑原との再戦も「何も考えていないと言ったらあれだが、無心でやってきたのでそれを出すだけ」とあくまで自分のボクシングに集中する。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集