[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童ネリが再び挑発、井上尚弥は「過大評価だ」 練習公開で悲壮決意「リングで死ぬ覚悟だ」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合まで13日。練習前には会見に応じ、井上については「過大評価されていると思う」と改めて語るとともに「全てをリングで出して、リングで死ぬ覚悟だ」と悲壮な決意を語った。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。

この日の練習でシャドーを披露するルイス・ネリ【写真:荒川祐史】
この日の練習でシャドーを披露するルイス・ネリ【写真:荒川祐史】

ネリが練習公開

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合まで13日。練習前には会見に応じ、井上については「過大評価されていると思う」と改めて語るとともに「全てをリングで出して、リングで死ぬ覚悟だ」と悲壮な決意を語った。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ネリは報道陣や関係者ら約70人が待つ中、上下黒の長袖、長ズボンに身を包み、開始16分前に帝拳ジムに登場。落ち着いた表情でトレーナーにバンテージを巻いてもらい、会見に臨んだ。

「100%の体調です。5か月間練習してきた。Max状態です」と体調について語り、減量についても「とてもいい。前回よりもずっといい」「東京は前からとても好き。静かな街でとても好き。前回は寒い時期。今回は暖かいので体重を落とすのに役立つ気候だね」と順調に進んでいる様子をうかがわせた。

 井上について聞かれると「グレートなボクサーだ。俺は彼から来るもの全てに備えている。スピードがあって、パワフル。キャパシティーがある。だから、俺は彼をライバルと見た。そうじゃないとこの試合で俺たちはライバルにならない」と発言。ただ、海外メディアに「過大評価」と話していたことについては「本当にそう思う。過大評価されていると思う。タパレスと11回まで戦ったということは過大評価に当たるのでは。良い選手だと思うけど、バスケでいうマイケル・ジョーダンのような選手ではない」と挑発した。

 会見では「これまで井上に負けた選手に何が欠けていたか」との質問を受けたネリ。「決心が足りないのかもしれないし、パンチも足りないかもしれない。意欲もね。でも、俺はイノウエをいい選手だと思うし、悪い選手とは思わない。選手を襲う狂気も関係するかもしれない」と分析を交えて語った。最後に「とても厳しい試合になる。それは2人にとって。俺だけじゃなくイノウエにも厳しい試合になる。どっちも勝つ可能性がある。俺はメキシカーノ。全てをリングで出して、リングで死ぬ覚悟だ」と決意を示した。

 当初、公開練習ではシャドー、ミット、サンドバッグを1ラウンドずつ披露する予定だったが、サンドバッグは急遽やらず。トレーナーのミットに力強く拳を打った。

 WBC規定の事前計量は、試合30日前がリミット55.3キロの10%(60.83キロ)、15日前が5%(58.065キロ)、7日前が3%(56.959キロ)を上限に設定。井上、ネリともに15日前までクリアした。1990年のマイク・タイソン以来34年ぶりの東京Dボクシング興行に向けて着々と調整が進んでいる。

 ネリは2017年8月の山中慎介戦の薬物検査で陽性反応が出た。18年3月の再戦は大幅な体重超過でWBC世界バンタム級王座を剥奪。ともに勝利したが、日本ボクシングコミッション(JBC)から国内のライセンス無期限停止処分を受けた。海外でリング復帰し、20年9月にスーパーバンタム級で世界2階級制覇。今年2月、ネリ陣営はJBCに謝罪と資格回復を求める書面を提出。規定に基づき、処分が解除された。

○…Amazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第8弾として独占生配信される。井上―ネリ戦のほか、元K-1王者・武居由樹(大橋)がWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(豪州)に世界初挑戦。井上の弟のWBA世界同級王者・拓真(大橋)が同級1位・石田匠(井岡)と2度目の防衛戦を行う。WBA世界フライ級王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)は同級3位・桑原拓(大橋)と初防衛戦。同じ興行で世界戦4試合は国内史上最多となる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集