[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、日本人への謝罪はなし「90%が俺の体重超過を願っている」 過去の薬物疑惑は「全くの白だ」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)は、5月6日に東京ドームで世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と対戦する。プロモーターが公開しているインタビューでは、「今までやってきているトレーニングには満足しているし、イノウエに勝つための準備はできている」と自信満々。3月の対戦発表会見では山中慎介氏に過去の薬物疑惑、体重超過を謝罪したが「(謝罪したいのは)日本人の観衆にではない」と語っている。

ルイス・ネリ【写真:中戸川知世】
ルイス・ネリ【写真:中戸川知世】

5月6日、東京ドームで井上尚弥と対戦

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)は、5月6日に東京ドームで世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と対戦する。プロモーターが公開しているインタビューでは、「今までやってきているトレーニングには満足しているし、イノウエに勝つための準備はできている」と自信満々。3月の対戦発表会見では山中慎介氏に過去の薬物疑惑、体重超過を謝罪したが「(謝罪したいのは)日本人の観衆にではない」と語っている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 井上との大一番に向けて意気込むネリのインタビュー動画は、母国メキシコのプロモーター「サンフェル・ボクシング」公式フェイスブックで公開された。「このジムには12月末から来ていて、遊びにきているわけではなく、勝つためのトレーニングをしている。リング上で語るために今は何も言う必要はない。リングにあがったら俺たちがやってきたことがわかるはずだ。試合に勝つための準備は100%できている」と自信を口にしている。

 日本のボクシングファンには“悪童”の印象が色濃いネリ。2017年8月の山中慎介戦の薬物検査で陽性反応が出ただけでなく、18年3月の再戦は大幅な体重超過でWBC世界バンタム級王座を剥奪。ともに勝利したが、日本ボクシングコミッション(JBC)から国内のライセンス無期限停止処分を受けた。海外でリング復帰し、20年9月にスーパーバンタム級で世界2階級制覇。今年2月、ネリ陣営はJBCに謝罪と資格回復を求める書面を提出。規定に基づき、処分が解除されている。

 3月の会見では「再び日本の地を踏めて嬉しい。申し訳なかったと謝りたい」と過去の過ちを謝罪し、会場にいた山中慎介氏とも握手で和解。しかしその後の海外インタビューでは井上を軽視するかのような発言も伝えられていた。この動画インタビューでも「ウェート管理が大事なのはもちろんだ。90%の日本人が俺の計量オーバーを願っていると思うけどね」などと軽口を叩いている。

「日本での試合は自分のキャリアにとっても本当に重要なんだ」と次戦の重要性を説くネリは「日本に戻ってヤマナカに謝ることもできた。計量オーバーに関しては、彼に申し訳なかったと思う」と山中氏に対する謝罪の気持ちを改めて表明。しかし「でもそれはヤマナカにであり、日本人の観衆にではない」と日本のボクシングファンに謝りたかったわけではないとした。

「あとはインタビューでも明らかになっているけど、ドーピングに関してはまったくの白だった」と薬物疑惑については真っ向から否定。「終わったこと、過ぎたことはもう戻らないし、これからのことに集中していきたい。今までとは違うルイス・ネリをみせることができるだろう」と話していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集