[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最後は笑顔で称えたいと…」 土壇場逆転負けで泣いた佐久間朱莉が告白「これまで以上に…」【女子ゴルフ】

女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは7日、埼玉・石坂GC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た21歳の佐久間朱莉(大東建託)は1イーグル、4バーディーの66で回り、通算14アンダー。互いに初優勝を目指した阿部未悠(ミネベアミツミ)に1打届かず、2位だった。最後のパーパットを打つ前から涙をこぼしたが、笑顔で勝者を称える気丈な姿を見せた。

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終ラウンドに出場した佐久間朱莉【写真:Getty Images】
富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終ラウンドに出場した佐久間朱莉【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは7日、埼玉・石坂GC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われた。首位で出た21歳の佐久間朱莉(大東建託)は1イーグル、4バーディーの66で回り、通算14アンダー。互いに初優勝を目指した阿部未悠(ミネベアミツミ)に1打届かず、2位だった。最後のパーパットを打つ前から涙をこぼしたが、笑顔で勝者を称える気丈な姿を見せた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 勝負のパットは無情にもカップ左に外れた。最終18番パー4、決めれば阿部に並ぶ6メートルのバーディートライ。この瞬間、佐久間はしゃがみ込んでうつむいた。阿部のウイニングパットを見届け、勝負が決してからのパーパット。アドレスに入った時点で、目には涙が溢れていた。ホールアウト後に阿部とハグを交わした。

「自分としては凄く良いゴルフができました。勝てなかったのは実力不足だと思いますし、最後は笑顔で未悠ちゃんを称えたいと思っていました。できたかはわからないんですけど……」

 精いっぱいの笑顔の後、プロテスト合格同期の岩井明愛、千怜姉妹らに健闘を称えられると、涙が止まらなくなった。

 この日は、憧れの上田桃子、同期合格の阿部と並んで首位スタート。1番パー5で13メートルのイーグルパットを沈め、2番パー4でも4メートルのバーディーパットをジャストタッチで決めた。早くも抜け出したように思われたが、後半に猛チャージをかけた阿部に17番パー4で初めて逆転された。

 昨季もリシャール・ミル ヨネックスレディスのプレーオフで敗れたが、記者に囲まれると正直に絞り出した。

「これまで以上に悔しいです」

 シーズンオフには師匠の尾崎将司を含む「尾崎3兄弟」から、「上手いだけでは勝てないぞ」と発破をかけられた。「意識が変わりました。この大会も勝ちに来ています」。言葉通り、地元・埼玉開催でガッツ溢れるプレーを見せただけに、悔しさは計り知れない。だが、試合はこれからも続く。勝ち切れなかった自分へのリベンジを目指す。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集