[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

決戦1か月前に届いた北朝鮮からの「SOS」 日本協会も困惑した19年前、陽動作戦も疑われた異様ムード

サッカーの北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本―北朝鮮戦が21日に東京・国立競技場で行われる。W杯予選で日本が北朝鮮と国内で対戦するのは2011年以来13年ぶり5回目。過去の対戦ではピッチ内の激闘だけでなく、ピッチ外でもさまざまな出来事があった。2005年2月の対戦時は政治的緊張がある中、北朝鮮側が日本協会にまさかの“SOS”を発信して話題になった。(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

2005年2月の対戦時には北朝鮮側が日本協会に“SOS”を発信して話題になった【写真:Getty Images】
2005年2月の対戦時には北朝鮮側が日本協会に“SOS”を発信して話題になった【写真:Getty Images】

2005年2月の対戦前に起こった騒動

 サッカーの北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本―北朝鮮戦が21日に東京・国立競技場で行われる。W杯予選で日本が北朝鮮と国内で対戦するのは2011年以来13年ぶり5回目。過去の対戦ではピッチ内の激闘だけでなく、ピッチ外でもさまざまな出来事があった。2005年2月の対戦時は政治的緊張がある中、北朝鮮側が日本協会にまさかの“SOS”を発信して話題になった。(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 これまで日本と北朝鮮がW杯予選で戦ったのは10試合。そのうち、日本国内で行われたのは4試合だが、2005年2月9日の対戦時(ドイツW杯最終予選)は異様な緊張感が漂っていた。当時の日本国内は拉致問題が世間の関心事だったこともあり、1989年6月のイタリアW杯予選以来16年ぶりにW杯予選で来日する北朝鮮代表チームに対して国民の反発も大きく、サッカーの枠を超えた注目を集めていた。

 北朝鮮は対外試合なども行っておらず、サッカーの実力に関しても未知数。日本協会としても情報収集に奔走していた。そんな中、北朝鮮代表チームが日本戦の前に中国・海南島でキャンプを行うという情報を一部メディアなどがキャッチ。新聞各社、テレビ局がこぞって現地に記者やクルーを派遣し、取材を行った。

 決戦まで1か月を切った1月中旬、日本協会に1通の文書がファクスで送られてきた。朝鮮民主主義人民共和国蹴球協会の副書記長の署名入りで、その内容は日本メディアの取材自粛を求めるというもの。キャンプ地に報道陣が殺到していたためか「かつて経験したことのない身辺の不安とストレスにさらされ」「役員はマスコミの整理に忙殺されている」などと記されていたという。北朝鮮側が中国当局にも協力を要請していることも明らかになった。

 これに対し、日本協会側は「協会として強制力はない」と強調。北朝鮮側の陽動作戦と見る向きもあり、協会として正式な回答は控えたという。

 試合はMF小笠原満男の直接FKで日本が前半4分に先制。後半16分に追いつかれる苦しい展開だったが、後半アディショナルタイムに小笠原のクロスのこぼれ球を繋ぎ、最後は途中出場の大黒将志が起死回生の勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利した。

(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏 / Hiroshi Seya)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集