[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

THE ANSWER編集部・瀬谷 宏の記事一覧

  • 米ヤクルト社長が思う大谷翔平が米国で愛される理由 「アジア系だろうが声援をくれる」

    2024.06.23

    今季から米大リーグ・ドジャースとスポンサー契約を締結した乳酸菌飲料などを手がける大手メーカー「ヤクルト」。2008年からエンゼルスとスポンサー契約を結び、2018年に大谷翔平投手が入団した時から始まった縁はドジャースでも続くこととなった。最終回となる第6回は、今回の契約で改めて知った大谷の偉大さについて。現地法人・アメリカヤクルト株式会社の三角豊代表取締役社長兼CEOが感じた“大谷が愛される理由”と、米国スポーツの懐の深さについて語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • エンゼルス&ドジャースだけではないスポンサー候補 米ヤクルトが目指すスポーツ振興の矜持

    2024.06.22

    今季から米大リーグ・ドジャースとスポンサー契約を締結した乳酸菌飲料などを手がける大手メーカー「ヤクルト」。2008年からエンゼルスとスポンサー契約を結び、2018年に大谷翔平投手が入団した時から始まった縁はドジャースでも続くこととなった。6回にわたって伝えるヤクルトのドジャースに対する思い。第5回はドジャースとエンゼルスの2球団のスポンサーを続ける意義について。現地法人・アメリカヤクルト株式会社の三角豊代表取締役社長兼CEOに今後のMLBとの関わり方についても聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • 「大谷選手がいなくなったからと言って…」 エンゼルスと米ヤクルトが契約続ける真摯な理由

    2024.06.21

    今季から米大リーグ・ドジャースとスポンサー契約を締結した乳酸菌飲料などを手がける大手メーカー「ヤクルト」。昨年末から本格的に交渉をスタートさせ、ドジャースタジアムに2つの広告看板を設置すると、いきなり本拠地初打席で大谷翔平投手の初安打が看板に当たるという奇跡も起きた。6回にわたって伝えるヤクルトのドジャースに対する思い。第4回はドジャースの前にスポンサー契約を結んでいたエンゼルスとの関係について。現地法人・アメリカヤクルト株式会社の三角豊代表取締役社長兼CEOは16年前からの変わらない思いを語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • ヤクルト工場見学で「大谷翔平の映像」を流せる理由 裏にドジャースの太っ腹対応「使っていいと…」

    2024.06.20

    今季から米大リーグ・ドジャースとスポンサー契約を締結した乳酸菌飲料などを手がける大手メーカー「ヤクルト」。昨年末から本格的に交渉をスタートさせ、ドジャースタジアムに2つの広告看板を設置すると、いきなり本拠地初打席で大谷翔平投手の初安打が看板に当たるという奇跡も起きた。6回にわたって伝えるヤクルトのドジャースに対する思い。第3回は広告看板を掲示した後のドジャースの振る舞いについて。今回の契約締結に携わった現地法人・アメリカヤクルト株式会社の三角豊代表取締役社長兼CEOが「スポンサーに優しい球団」と感動した出来事を語ってくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • 大谷が球団スポンサーに“奇跡”起こしていた ヤクルト看板にいきなり直撃、米社長「あの方向が多くて…」

    2024.06.19

    乳酸菌飲料などを手がける大手メーカー「ヤクルト」が今季から米大リーグ・ドジャースとスポンサー契約を締結したことは、日本のみならず、米国のファン、消費者の間でも大きな話題になった。大谷翔平投手、山本由伸投手の加入で注目度が急上昇している中、日本でもおなじみのヤクルトはなぜドジャースと手を組んだのか。6回にわたって伝えるヤクルトのドジャースに対する思い。第2回はドジャースタジアムに掲出された広告看板について。今回の契約締結に携わった現地法人・アメリカヤクルト株式会社の三角豊代表取締役社長兼CEOによると、ある“狙い”があったという。(取材・文=THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • ドジャースから「広告を出しませんか」 実は大谷入団前から勧誘も…米ヤクルト社長が明かす契約秘話

    2024.06.18

    乳酸菌飲料などを手がける大手メーカー「ヤクルト」が今季から米大リーグ・ドジャースとスポンサー契約を締結したことは、日本のみならず、米国のファン、消費者の間でも大きな話題になった。大谷翔平投手、山本由伸投手の加入で注目度が急上昇している中、日本でもおなじみのヤクルトはなぜドジャースと手を組んだのか。6回にわたって伝えるヤクルトのドジャースに対する思い。初回は契約に至った経緯について。今回の契約締結に携わった現地法人・アメリカヤクルト株式会社の三角豊代表取締役社長兼CEOはTHE ANSWER編集部の取材に対し、意外な事実を明かしてくれた。(取材・文=THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • 北朝鮮の宿舎から消えた家電 19年前の日本滞在は超厳戒態勢、選手も「ないよ」残念がった撤去

    2024.03.21

    サッカーの北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本―北朝鮮戦が21日に東京・国立競技場で行われる。W杯予選で日本が北朝鮮と国内で対戦するのは2011年以来、13年ぶり5回目。過去の対戦ではピッチ内の激闘だけでなく、ピッチ外でもさまざまな出来事があった。2005年2月の対戦時は受け入れる日本側も超厳戒態勢。宿舎の部屋からはある家電が姿を消したという。(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • 決戦1か月前に届いた北朝鮮からの「SOS」 日本協会も困惑した19年前、陽動作戦も疑われた異様ムード

    2024.03.20

    サッカーの北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本―北朝鮮戦が21日に東京・国立競技場で行われる。W杯予選で日本が北朝鮮と国内で対戦するのは2011年以来13年ぶり5回目。過去の対戦ではピッチ内の激闘だけでなく、ピッチ外でもさまざまな出来事があった。2005年2月の対戦時は政治的緊張がある中、北朝鮮側が日本協会にまさかの“SOS”を発信して話題になった。(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • FIFA制裁もちらついた北朝鮮戦の不穏ムード 20年前、奔走した日本協会の訴え「サッカーの応援を」

    2024.02.28

    女子サッカーのパリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との第2戦が28日、東京・国立競技場で行われる。サウジアラビア・ジッダで行われた第1戦は0-0の引き分け。第2戦に勝ったチームが五輪出場権を獲得する。20年前の2004年にも似たようなシチュエーションで行われた因縁の対決。当時は北朝鮮と政治的緊張もある中での試合だった。不穏なムードが漂う中で、日本サッカー協会は“クリーン”な戦いを推進していた。(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • 超秘密主義、女子サッカー北朝鮮20年前の怪行動 居留守&かん口令で翻弄、誰も知らないバスの行先

    2024.02.27

    女子サッカーのパリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との第2戦が28日、東京・国立競技場で行われる。サウジアラビア・ジッダで行われた第1戦は0-0の引き分け。第2戦に勝ったチームが五輪出場権を獲得する。20年前の2004年にも似たようなシチュエーションで行われた因縁の対決。当時の北朝鮮は物々しい雰囲気で来日し、大会期間中も秘密主義を貫いた。情報が徹底的にシャットアウトされる中、選手たちは隠密行動を連発。緊迫した中で調整が進められていた。(THE ANSWER編集部・瀬谷 宏)

  • 負けたら終わり、因縁・北朝鮮戦で日本を救った猛チャージ 澤穂希が確かに刻んだ20年前の分水嶺

    2024.02.27

    女子サッカーのパリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との第2戦が28日、東京・国立競技場で行われる。サウジアラビア・ジッダで行われた第1戦を0-0は引き分け。第2戦に勝ったチームが五輪出場権を獲得する。20年前の2004年にも似たようなシチュエーションで行われた因縁の対決。「クイーン」と呼ばれた大黒柱が緊急事態の中で見せた“魂のチャージ”は、今でも日本女子サッカーの分水嶺となったプレーとして語り継がれている。(THE ANSWER編集部=瀬谷宏)

  • 月給5万円、チェコのプロ野球選手になった田久保賢植 覆された“野球後進国”の印象

    2023.03.11

    野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕。侍ジャパンに大谷翔平投手(エンゼルス)ら豪華メンバーが集結し、日本は大いに盛り上がっている。一方で、世界の野球に目を向ければ、2024年パリ五輪は競技から除外。予選の出場国は、209か国だったカタール・ワールドカップ(W杯)に対し、WBCは28か国に留まるなど、競技の普及・振興、国際化における課題も少なくない。

  • Jリーグ得点王佐藤寿人、高知の高校生に語った海外移籍話の葛藤「本当の喜びを感じられるか」

    2022.11.05

    J1サンフレッチェ広島時代に3度のリーグ優勝と得点王&MVPを獲得し、日本代表FWとしても活躍した佐藤寿人さんが現役高校生たちと触れ合った。10月13日、高知・高知中学高等学校を訪問し、今冬の全国高校サッカー選手権出場を目指すサッカー部を直接指導。歴代最多の220得点(J1、J2合計)をマークしたゴールへのこだわりが詰まった練習メニューで、高校生たちに「自分を信じる力」の重要性を説いた。「サッカーは一人ではできない。個人にフォーカスしていきながら、多くの人と多くのことを積み上げていくことを大事にしてサッカーに向き合っていってほしいと思います」と高知中学高等学校と全国の高校生にエールを送った。

  • 人生初の主将が日本代表「悩んで苦しんだ」 バレー荒木絵里香が高校生に打ち明けた想い

    2022.07.23

    女子バレーボール日本代表として2012年ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得し、昨年の東京五輪でも主将として活躍した荒木絵里香さんが現役高校生と触れ合った。7月14日、香川県の坂出商を訪問し、女子バレーボール部など約80人の生徒たちを相手に特別授業を実施。今夏のインターハイに初出場する女子バレーボール部に直接指導も行った。「学生の期間は限られている。仲間と一緒に頑張ることで成長のきっかけにしてほしい」と坂出商と全国の高校生にエールを送った。

  • 高校日本一で「震える気持ち味わった」 徳島で明かされたバレー荒木絵里香の成長物語

    2022.07.21

    女子バレーボール日本代表として2012年ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得し、昨年の東京五輪でも主将として活躍した荒木絵里香さんが現役高校生と触れ合った。7月13日、徳島・富岡東高を訪問し、女子バレーボール部やバスケットボール部、剣道部の生徒に特別授業を実施。今夏のインターハイに出場する女子バレー部に直接指導も行った。「学生時代の試合の経験は、競技だけでなく人間形成の中でもすごく特別な期間。選手たちにはこのスペシャルな時間を味わっていただけたらと思います」と富岡東高と全国の高校生にエールを送った。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集