[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校日本一で「震える気持ち味わった」 徳島で明かされたバレー荒木絵里香の成長物語

女子バレーボール日本代表として2012年ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得し、昨年の東京五輪でも主将として活躍した荒木絵里香さんが現役高校生と触れ合った。7月13日、徳島・富岡東高を訪問し、女子バレーボール部やバスケットボール部、剣道部の生徒に特別授業を実施。今夏のインターハイに出場する女子バレー部に直接指導も行った。「学生時代の試合の経験は、競技だけでなく人間形成の中でもすごく特別な期間。選手たちにはこのスペシャルな時間を味わっていただけたらと思います」と富岡東高と全国の高校生にエールを送った。

女子バレーボール元日本代表の荒木絵里香さんが徳島・富岡東高を訪問し、女子バレー部に直接指導も行った【写真:荒川祐史】
女子バレーボール元日本代表の荒木絵里香さんが徳島・富岡東高を訪問し、女子バレー部に直接指導も行った【写真:荒川祐史】

ポカリスエット「エールキャラバン2022」で徳島・富岡東高を訪問

 女子バレーボール日本代表として2012年ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得し、昨年の東京五輪でも主将として活躍した荒木絵里香さんが現役高校生と触れ合った。7月13日、徳島・富岡東高を訪問し、女子バレーボール部やバスケットボール部、剣道部の生徒に特別授業を実施。今夏のインターハイに出場する女子バレー部に直接指導も行った。「学生時代の試合の経験は、競技だけでなく人間形成の中でもすごく特別な期間。選手たちにはこのスペシャルな時間を味わっていただけたらと思います」と富岡東高と全国の高校生にエールを送った。

 日本女子バレー界の“レジェンド”にとって、高校生とこうして触れ合うのは初めて。始まる前は多少の緊張感も見られたが、特別授業の生徒たちから大きな拍手とともに迎え入れられると、「こんなに温かく迎えていただいてうれしい」と表情をほころばせた。

 今回の企画は、部活で汗を流す、すべての高校生を応援するポカリスエットの「エールと、ともに。」プロジェクトの一環として、大塚製薬が2014年から開催する「エールキャラバン2022」。各競技のレジェンドがサポーターとなり、部活を頑張る高校生、指導者に直接指導するだけでなく、レジェンドの高校時代の苦しみや挫折から何を学んだか、経験をもとにしたエールを送る活動だ。

 コロナ禍以前の2019年12月までに全国45校を訪問し、約3万5000人の高校生と交流。今年はインターハイが四国各地で開催されるということで、四国の高校での実施となった。その中で、富岡東高女子バレーボール部が8大会ぶりにインターハイ徳島県予選で優勝したこともあり、荒木さんの登場となった。

荒木さんと特別授業に参加した生徒たち【写真:荒川祐史】
荒木さんと特別授業に参加した生徒たち【写真:荒川祐史】

 特別授業に参加した生徒たちは、同じ教室に荒木さんがいるという興奮を隠しきれないままスタート。「どんな気持ちで高校時代の部活動に取り組んでいたか」という問いに対し、荒木さんが最初に語ったのは「バレーボールがうまくなりたい」という思いだった。

 中学時代は岡山・倉敷市の公立校でバレーボールをしていた。当時はお世辞にもチームメイトたちのレベルは高くなく、「高いレベルでやりたいということに飢えていた」という。高校は女子バレーの名門の東京・成徳学園(現・下北沢成徳)に進学。岡山から家族全員で引っ越して新天地での生活を始めた。

「一気にレベルが上がって、ついていくのに必死でした。難しいバレー用語も飛び交って、何のことだか分からないくらいでしたが、とにかくバレーがうまくなりたかった。高校に入って『日本一になる』という高い目標を立てましたが、それを達成できた時に震えるような気持ちを味わうことができたんです。そこで、もっとこういう気持ちを味わいたい、もっと高いレベルでやりたいという気持ちになれて、部活動をずっと続けることができました」

 日本女子バレー界のレジェンドの成長物語を聞く生徒たちの目は輝き、必死にメモを取る姿も。今回、インターハイに出場するバレー部の生徒たちはコロナ禍の中で部活動も制限が多かったのだとか。

 モチベーションを保つことすら難しい状況だったが、荒木さんは「そういう時は自分が憧れている選手のプレー映像を見るのもいい。今はスマホでもすぐにそういう映像を見ることができる」と推奨。荒木さん自身も高校時代は「VHSのビデオテープに録画した日本代表や海外の試合を何度も巻き戻して見ていた」そうだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集