[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届を提出しなかった高校ジャパン組は? 木更津の二刀流、148キロ左腕ら10人

プロ志望届の提出が11日で締め切られ、日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟が公示したのは、高校生123人、大学生126人だった。この249人の提出者に社会人を加えた選手が25日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

249人の提出者に社会人を加えた選手が25日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。
249人の提出者に社会人を加えた選手が25日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

プロ志望が7人、志望届未提出は10人

 プロ志望届の提出が11日で締め切られ、日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟が公示したのは、高校生123人、大学生126人だった。この249人の提出者に社会人を加えた選手が25日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

【確定版】高校生123人、大学生126人…この中からプロ入り切符を掴むのは? <「プロ野球志望届提出者」全一覧>

 高校生で注目を集めたのは、高校ジャパンとしてU18アジア選手権に出場した18人の“高校生侍”たち。ドラフト1位での競合確実な金足農(秋田)の吉田輝星投手、大阪桐蔭・根尾昂内野手、藤原恭大外野手らが志望届を提出する一方で、大学進学や社会人に進み将来のプロ入りを目指す選手もいる。志望届を出さなかった選手を振り返ってみた。

 木更津総合(千葉)の二刀流・野尻幸輝投手は「4番・エース」として3年連続甲子園出場。侍ジャパンでも初戦に先発し存在感を発揮したが、もう一段階のスケールアップを目指し大学進学を選択したようだ。横浜(神奈川)の小柄な左腕・板川佳矢投手も大学進学を希望している。

 今夏の甲子園で大阪桐蔭を苦しめた高岡商(富山)の148キロ左腕・山田龍聖投手はJR東日本へ入社予定。柿木蓮や根尾、横川凱ら大阪桐蔭の個性派投手陣をリードした小泉航平捕手も社会人へ進む予定だ。同校の主将を務めた中川卓也内野手も志望届を出さず、大学進学を希望している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集