[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柳田将洋、流れを引き寄せた1本のサービスエース 監督も気付かない反則まで指摘したエースの存在感【Vリーグ】

バレーボールのV1リーグ男子レギュラーラウンドが17日、東京・国立代々木競技場第二体育館などで行われ、今季7位の東京グレートベアーズが同10位のVC長野トライデンツに3-0(25-21、25-17、25-21)でストレート勝ちした。日本代表の柳田将洋は第1セット(S)の終盤でサービスエースを決め、一気に流れを引き寄せた。

エースとしての存在感を放った東京グレートベアーズ・柳田将洋【写真:中戸川知世】
エースとしての存在感を放った東京グレートベアーズ・柳田将洋【写真:中戸川知世】

バレーボールVリーグ1部

 バレーボールのV1リーグ男子レギュラーラウンドが17日、東京・国立代々木競技場第二体育館などで行われ、今季7位の東京グレートベアーズが同10位のVC長野トライデンツに3-0(25-21、25-17、25-21)でストレート勝ちした。日本代表の柳田将洋は第1セット(S)の終盤でサービスエースを決め、一気に流れを引き寄せた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 2567人の観客を大いに沸かせた。シーソーゲームのまま終盤を迎えた第1S。20-20で柳田にサーブが回ってきた。定位置でボールを3度つき、くるくると回す。息を吐いてボールを投げ上げると、漫画から出てきたような美しいフォームでサーブを放った。

「打った瞬間に自信はあったので、手応えはありました」。一度はフラッグが上がりアウトになったが、チャレンジで覆り、イン判定に。「自分自身が1セット目であまりいいイメージが持てていない状況で終盤に差し掛かっていたので、サーブで切り替えたいというのがありました」。一気に流れを引き寄せて、25-21でセットを奪った。

 この日は9得点したが、数字以上の存在感を放った。第3Sでリードされた場面でもサーブに入り2度のブレイク。24点目には相手のタッチネットを監督に指摘し、チャレンジを要求して得点につなげた。「自分は気付いていなかった。(柳田は)とても信頼できた」とカスパー・ヴオリネン監督も絶賛させた。

 16日にバレーボールの人気アニメ「ハイキュー!!」の劇場版が公開されたばかり。試合後には「(漫画を)超える自信と実力を持ってコートに立っているので」と力強く話した。現在リーグ7位で、ファイルステージ進出となる6位の東レと3勝差。残り9試合で負けられない戦いが続く。信頼感抜群のエースが観客を魅了するプレーで、チームを目標へ導く。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集