[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

緊急事態のチームを救った23歳新星 7季ぶりのB1復帰へ、バスケ神戸が手にした価値ある1勝

2023-24シーズンのバスケットボールBリーグにおいて、B2西地区に配属となった神戸ストークス(本拠地移転により、今季「西宮ストークス」からチーム名変更)は、7シーズンぶりとなるB1復帰に向けた戦いに身を置いている。東地区の2位につけ、悲願のB1昇格を目指す越谷アルファーズと18日、19日に行われた2連戦は、ディフェンシブな戦いが続く中、1勝1敗で終えることとなった。

神戸ストークスでプレーする23歳の金田龍弥。越谷との第2戦では3Pを3本成功させた【写真:B.LEAGUE】
神戸ストークスでプレーする23歳の金田龍弥。越谷との第2戦では3Pを3本成功させた【写真:B.LEAGUE】

前日メンバー外の金田龍弥、越谷との第2戦で3Pを3本成功

 2023-24シーズンのバスケットボールBリーグにおいて、B2西地区に配属となった神戸ストークス(本拠地移転により、今季「西宮ストークス」からチーム名変更)は、7シーズンぶりとなるB1復帰に向けた戦いに身を置いている。東地区の2位につけ、悲願のB1昇格を目指す越谷アルファーズと18日、19日に行われた2連戦は、ディフェンシブな戦いが続く中、1勝1敗で終えることとなった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 19日の第2戦で、神戸は主力の外国籍選手であるジョーダン・キャロラインの欠場によりメンバー変更を強いられ、前日の第1戦ではメンバー外となっていた若手の金田龍弥がベンチ入りした。

 金田は大阪学院大学出身の23歳。大学2年だった2020-21シーズンから2シーズンにわたって、西宮(現・神戸)に特別指定選手として加入し、大学4年の冬に当たる2022-23シーズンにプロ契約を結んだ。今季は大学を卒業して迎える、いわゆる「ルーキーシーズン」であるものの、すでにストークスでは4季目のプレーを迎えている選手だ。

 神戸を指揮する森山知広ヘッドコーチ(HC)は、1戦目の段階で金田に対してある声かけをしていたと、試合後の記者会見で明かした。

「昨日、ロスター外になった金田とロッカールームで2人きりになるタイミングがあって、『チャンスが来るから、ゲームに対するイメージをしっかりと持っておいて、試合に出たら思い切ってやろう』と伝えていました」

 金田を起用するタイミングを「前半から探っていた」という森山HCは、第3クォーターに入ってついに金田をコートに立たせる。投入直後から、越谷の点取り屋であるLJ・ピークとマッチアップした金田は、まずディフェンスで相手の正面を取り続け、越谷のオフェンスから連動性を奪っていく。速攻に至った場面では素早くコーナーへと陣取り、3ポイントシュートを迷わず選択して次々に沈めていった。

 11分34秒と、決して長くないプレータイムの中ではあったが、金田は3本の3ポイント成功で9得点を挙げた。3ポイントの成功数は、この試合におけるチーム最多のものだった。攻守ともに存在感を発揮した金田は、試合を振り返って次のように話す。

「前日については、チームに足りない部分や『自分だったらこうする』という部分をイメージしながら試合を観ていました。思っていたプレーを出せて、上手くいったと感じていますし、ピーク選手に対しては、自分がコートに立つ以上マークしないといけない相手なので、『多少ファウルがかさんででも、相手が嫌がるディフェンスをしよう』と心がけていました。シュートの積極性については、普段から伝えられていることでもあるので、試合の中では迷わず打つと決めていたからこそ、3本の成功という形に表せたと思っています」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集