[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、異例の早さで2階級4団体統一なるか クロフォードは6年で達成、米記者が大一番に注目

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)が12月26日に東京・有明アリーナでWBA&IBF世界同級2団体統一王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一戦を行うことが決定した。昨年12月にバンタム級で4団体統一王者に輝いたばかり。異例のペースで2階級目の4団体統一に臨むモンスターについて、米名物コラムニストは「タパレスに勝てば、2023年最優秀ファイターになるのか?」と注目している。

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者の井上尚弥【写真:徳原隆元】
ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者の井上尚弥【写真:徳原隆元】

12月26日にタパレスとのSバンタム級4団体統一戦

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)が12月26日に東京・有明アリーナでWBA&IBF世界同級2団体統一王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一戦を行うことが決定した。昨年12月にバンタム級で4団体統一王者に輝いたばかり。異例のペースで2階級目の4団体統一に臨むモンスターについて、米名物コラムニストは「タパレスに勝てば、2023年最優秀ファイターになるのか?」と注目している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 2階級目の4団体統一王者という偉業をかけた「12・26決戦」は米国でも注目を集めている。2020年まで米スポーツ専門局「ESPN」でアナリストを務めた米コラムニストのスティーブ・キム氏は、サプリメーカー「SNAC」公式サイトで連載中のコラム「K-9 キムズコーナー」で正式発表された井上尚弥VSタパレス戦について特集している。

 記事では「バンタム級で4団体統一王者となったばかりのイノウエは、この7月に無敗だったスティーブン・フルトンを8ラウンドで倒し、彼の持つ2つのベルトを奪っている」と、キャリア無敗だった当時の王者フルトン相手に8回TKO勝ちを収めたことを振り返っている。

 その上で、キム氏はタパレス戦では井上勝利が大本命と指摘。「モンスターが予想通りにフィリピン人を倒したとすれば、わずか3試合(約12か月)で2階級で4団体を統一することになるのだ。これをやってのけたとすれば、彼を2023年最優秀ファイターたらしめることになるのか?」と期待している。

 キム氏も寄稿する、権威ある米ボクシング専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンドで1位に輝いた実績もある井上。今年7月にはテレンス・クロフォードがウェルター級で4団体統一を果たし、世界初の2階級4団体統一を達成しているが、2017年のスーパーライト級4団体統一から約6年かかった。勝てば異例の早さで2階級目の4団体制覇となる井上に、世界のボクシング界から注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集