[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥撃破へ、タパレス陣営が自信「フルトンと違って勝ちに行く」 会見中に記念撮影の珍要求も

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)が25日、神奈川・横浜市内で会見し、12月26日に東京・有明アリーナでWBA&IBF世界同級2団体統一王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一戦を行うことを発表した。勝てば世界2人目となる2階級での4団体統一の偉業。試合はNTTドコモの映像配信プラットフォーム「Lemino」で独占無料生配信される。戦績は30歳の井上が25勝(22KO)、31歳のタパレスが37勝(19KO)3敗。

4団体統一戦の会見に登場した井上尚弥【写真:徳原隆元】
4団体統一戦の会見に登場した井上尚弥【写真:徳原隆元】

NTTドコモ Presents WBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)が25日、神奈川・横浜市内で会見し、12月26日に東京・有明アリーナでWBA&IBF世界同級2団体統一王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一戦を行うことを発表した。勝てば世界2人目となる2階級での4団体統一の偉業。試合はNTTドコモの映像配信プラットフォーム「Lemino」で独占無料生配信される。戦績は30歳の井上が25勝(22KO)、31歳のタパレスが37勝(19KO)3敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 井上は昨年12月にバンタム級で4団体統一。年明けに4つのベルトを返上し、スーパーバンタム級に転向した。7月にスティーブン・フルトン(米国)に挑戦し、8回TKO勝ちで2団体の王座を奪取。転向初戦で4階級制覇を達成した。直後にWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)が、史上初となる2階級での4団体統一に成功。井上がタパレスを倒せば2人目の2階級4団体統一となる。

 サウスポーのタパレスは4月にムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)に判定勝ちし、2団体の王座を奪取した。2019年12月に岩佐亮佑に11回TKO負けしたが、再起後は4連勝。日本人選手との対戦も多く、日本での試合に慣れている。この日は所属する「MPプロモーションズ」のショーン・ギボンズ社長が会見に出席した。

 同社長は井上を横目に「タパレスを代表してやってきました。彼は11月にフィリピンに戻るが、現在はラスベガスで調整している。彼はフルトンと違って日本に勝ちに来る。日本にも慣れている」とコメント。「大橋会長、モンスター井上選手にも深く感謝しています。皆さん、この試合を楽しみにしていてください」と話した。

 井上の印象について「ラスベガスでも試合を見たし、フルトン戦も見た。パワー、漲る自信を感じる。階級を上げたけど、何も変わらない」と警戒。「タパレスはハングリー。フィリピン人初の4団体統一へ高いモチベーションがある。井上選手のパワーに気を付けないといけない。ただ、タパレスはテクニックに長けている。ガードがしっかりしているし、ジャブがある。井上選手に対してアングルを使っていき、井上選手のカウンターに気を付けたい」と自信を見せた。

 さらに「タパレスは世界王者だし、日本にも慣れている。生で井上―フルトン戦を見たのはビデオで見たことよりいいこと」と不敵な笑みを浮かべ、こう語った。

「実際に今回の試合に向けての調整は、前回の試合前から始まっていた。新しいコンディションコーチを招聘し、前回の挑戦(4月)を1年4か月前から待っていた。彼の住むラスベガスには自宅とジムがあって素晴らしい環境がある。ラスベガスにいることでいろんな相手と練習できる。そういう意味では今回の試合に関して言い訳はできない。準備万端でいるし、彼は全力で戦うために準備している」

 井上は日本でビッグ興行で開催してきた。ギボンズ氏は「プロモーターの立場から申し上げると、日本は米国や英国に劣らない市場がある。素晴らしい機会を提供してくれる国です。私もラスベガスに住んでいますが、大きな試合を見てきた。日本も世界に引けをとらないイベントができる。何よりファンも熱狂的。だから素晴らしい」と印象を明かした。

 予定があるため、ギボンズ氏は会見の途中で退席。しかし、去り際に自らマイクを握り「最後に写真を撮らせてくれ」と井上に珍要求を繰り出した。井上、大橋秀行会長とともにスマホでパシャリ。「センキュー!」と投げかけて会場を後にした。

【12月26日の興行カード】

▽WBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦12回戦
WBC&WBO王者・井上尚弥(大橋)
VS
WBA&IBF王者マーロン・タパレス(フィリピン)

▽日本バンタム級タイトルマッチ10回戦(モンスタートーナメント決勝)
王者・堤聖也(角海老宝石)
VS
同級3位・穴口一輝(真正)

▽8回戦
IBF世界スーパーライト級10位・平岡アンディ(大橋)
VS
セバスチャン・ディアス(メキシコ)

▽54.5キロ契約8回戦
東洋太平洋スーパーバンタム級王者・武居由樹(大橋)
VS
マリオ・ディアス(メキシコ)

▽49.5キロ契約8回戦
日本ユースライトフライ級王者・坂間叶夢(ワールドスポーツ)
VS
ジョン・ポール・ガブニラス(フィリピン)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集