[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太は新天地サンズで8得点、4リバウンド NBA開幕戦でウォリアーズに108-104で競り勝って白星発進

米プロバスケットボール(NBA)の2023-24年シーズンが開幕し、渡邊雄太が今季から所属するサンズは敵地で大スターのステフィン・カリー擁するウォリアーズに108-104で勝ち、白星発進となった。渡邊は途中出場で華麗な3ポイントシュートを決めるなど、17分53秒の出場で8得点、4リバウンドの活躍。攻守にわたって存在感を発揮し、勝利に貢献した。

サンズの渡邊雄太【写真:ロイター】
サンズの渡邊雄太【写真:ロイター】

NBA2023-24年シーズンが開幕

 米プロバスケットボール(NBA)の2023-24年シーズンが開幕し、渡邊雄太が今季から所属するサンズは敵地で大スターのステフィン・カリー擁するウォリアーズに108-104で勝ち、白星発進となった。渡邊は途中出場で華麗な3ポイントシュートを決めるなど、17分53秒の出場で8得点、4リバウンドの活躍。攻守にわたって存在感を発揮し、勝利に貢献した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 今季からサンズに移籍した渡邊はベントスタート。ケビン・デュラント、ユスフ・ヌルキッチ、グレイソン・アレン、ジョシュ・オコーギー、デビン・ブッカーが先発した。一方のウォリアーズはカリー、アンドリュー・ウィギンズ、ケボン・ルーニー、クレイ・トンプソン、クリス・ポールがスターター。サンズはヌルキッチのシュートとフリースローで3点先行したが、すぐにカリーの3ポイントシュートが決まり、第1クォーター(Q)から激戦模様となった。

 渡邊がコートに登場したのは第1Q残り3分46秒。第2Qには32-35の残り6分56秒の場面でパスを受けると、右45度から鮮やかに3ポイントシュートを決めた。残り3分10秒の場面では、シュート体勢に入ったウォリアーズの名手ポールを背後からブロック。直後の同2分55秒にはフリーになって右のワイドオープンから3ポイントシュートを決めた。

 第2Q終了時点では61-46と15点差をつけながら、第3Q終了時点では逆に80-86と6点差をつけられたサンズだったが、ブッカーのドライブからのレイアップなどで再逆転。残り1分まで同点ともつれた大接戦を制し、開幕戦を白星で飾った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集