[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー日本、遂に“魔の第3セット”獲ってストレート勝ち! チュニジア撃破、西田「やっと普通に戻れた」

バレーボール男子のパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は3日、東京・代々木第一体育館で世界ランク5位の日本が同19位チュニジアと対戦。3-0(25-14、25-16、25-15)のストレート勝ちを収め、大会通算2勝1敗とした。過去2戦はいずれも2セットを先取しながらフルセットにもつれ込む展開だった。三度目の正直で“魔の第3セット”を獲っての快勝。今大会は8チーム中、上位2チームにパリ五輪出場権が与えられる。

男子バレーボール日本代表【写真:Getty Images】
男子バレーボール日本代表【写真:Getty Images】

パリ五輪予選兼ワールドカップ

 バレーボール男子のパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は3日、東京・代々木第一体育館で世界ランク5位の日本が同19位チュニジアと対戦。3-0(25-14、25-16、25-15)のストレート勝ちを収め、大会通算2勝1敗とした。過去2戦はいずれも2セットを先取しながらフルセットにもつれ込む展開だった。三度目の正直で“魔の第3セット”を獲っての快勝。今大会は8チーム中、上位2チームにパリ五輪出場権が与えられる。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ようやく日本がストレート勝ちだ。第1セット、高橋藍が6得点をマークするなど幸先よく25-14で先取。第2セットでは西田が2本のサービスエースを決め、エース石川も7得点と躍動し、25-16で連取した。

 迎えた第3セット、高橋藍のスパイクでまず1点を奪うと、西田のサービスエース、高橋藍のブロックで出だしから3連続ポイントと好スタート。その後も得点を重ね、高橋藍の強烈なバックアタックで15点に乗せ、大塚のサービスエースでマッチポイントを握ると、最後は相手のサーブが外れてストレート勝ちとなった。

 日本は9月30日の初戦・フィンランドを相手に2セットを連取しながら、その後は苦戦。最終セットまでもつれ込み、何とか白星発進していた。続く10月1日のエジプト戦でも、同じく2セットを先取。しかしまたもフルセットにもつれ込むと、悪い流れを断ち切れず大逆転負け。痛い1敗を喫していた。

 勝利インタビューで西田は「皆がやっと普通に戻れたかなと思う」とストレート勝ちに安堵。「全員でしっかり前を向いて戦っていきたい。(エジプト戦の)敗戦で考えるところはあったけれど、皆さんの応援が力になっている。引き続き僕たちを支えて下さい」と呼びかけた。

 X(旧ツイッター)上では「魔の第3セット」との言葉も並ぶなど、今大会壁になっていた第3セットを奪っての快勝。勢いに乗りたい日本は、五輪出場権獲得へ負けられない戦いが続く。4日は世界ランク15位のトルコと対戦する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集