[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴール前の万歳でV逸の韓国選手に止まらぬ批判 超必死だった前日をメディア指摘「一日で全く違う行動」【アジア大会】

中国・杭州で行われているアジア大会の男子ローラースケートで、韓国代表が油断から金メダルを逃した珍事の余波が止まらない。2日に行われた3000メートルリレー決勝で、韓国の最終走者のチョン・チョルウォンはゴールラインの寸前で勝利を確信しガッツポーズ。すぐ後ろに迫っていた台湾選手にゴール前でかわされ、0.01秒差で金メダルが入れ替わる悲劇に見舞われたが、韓国メディアは前日は“真逆”の激走を見せていたという。

アジア大会男子ローラースケートに出場した韓国代表【写真:ロイター】
アジア大会男子ローラースケートに出場した韓国代表【写真:ロイター】

アジア大会ローラースケート男子

 中国・杭州で行われているアジア大会の男子ローラースケートで、韓国代表が油断から金メダルを逃した珍事の余波が止まらない。2日に行われた3000メートルリレー決勝で、韓国の最終走者のチョン・チョルウォンはゴールラインの寸前で勝利を確信しガッツポーズ。すぐ後ろに迫っていた台湾選手にゴール前でかわされ、0.01秒差で金メダルが入れ替わる悲劇に見舞われたが、韓国メディアは前日は“真逆”の激走を見せていたという。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 韓国メディア「スポーツ韓国」が伝えたのは、チョン・チョルウォンが1日に行われた個人戦で見せていた姿。なんとリレーとは逆に、同僚選手がゴールでバンザイする横で、必死に前へ足を出していたというのだ。

「喜びすぎて金メダル逃したチョン・チョルウォン…前日は別の選手だった」という記事は、1日に行われた男子スプリント1000メートルの模様を伝えている。金メダルのチェ・グァンホと、2位となったチョン・チョルウォンとのタイム差は0.002秒だった。

 記事では「レース内容を見ると、チョン・チョルウォンは最後の瞬間に切実な姿を見せた。最後のカーブが終わってゴールラインを目の前にした瞬間、左足をすっと伸ばしたのだ。金メダルに向かって自分の全てを注ぎ込む姿だった」と、最後まで全力を出し切った姿を伝えている。

 続けて「ところが、チョン・チョルウォンは一日で全く違う行動を見せた。(前日に)自分が見せた飛び出しは、そのまま台湾選手に当てはまった。これだけの技術を駆使できれば(リレーでは)さらに注意できたはずなのに、放心してしまった。結局、癒やせない傷だけが残った」と厳しく批判している。

 最後に「個人戦では切実な飛び出しを見せて感動を与えたチョン・チョルウォンは、団体戦では切実さを忘れた走りで衝撃的な追い越しを食らった」と結ばれている。リレーで金メダルを逃したことで、自身だけでなく後輩の兵役免除までなくなってしまった。しばらく批判の声はやみそうにない。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集