[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【パンパシ水泳】池江璃花子、体現した「世界のトビウオ」 緩んだ涙腺「2年後はしっかり流したい」

【パンパシ水泳】池江璃花子、体現した「世界のトビウオ」 緩んだ涙腺「2年後はしっかり流したい」

競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第3日は11日、女子100メートルバタフライで18歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が、自らの持つ日本記録を0秒15更新する56秒08の大会新で初優勝した。個人種目では、日本記録をマークして2位に入った200メートル自由形に続くメダル獲得で、主要国際大会での金メダルは初。同じく日本新を樹立した混合400メートルメドレーリレーでは2位に入り、今大会3つ目のメダル奪取となった。

56秒08の大会新で初優勝した池江璃花子【写真:Getty Images】
56秒08の大会新で初優勝した池江璃花子【写真:Getty Images】

レース後に緩んだ涙腺「涙をこらえていたけど、すごくうれしかったので……」

 競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第3日は11日、女子100メートルバタフライで18歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が、自らの持つ日本記録を0秒15更新する56秒08の大会新で初優勝した。個人種目では、日本記録をマークして2位に入った200メートル自由形に続くメダル獲得で、主要国際大会での金メダルは初。同じく日本新を樹立した混合400メートルメドレーリレーでは2位に入り、今大会3つ目のメダル奪取となった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 速い。どこまでも速い。いつでもこの種目は速い。まさに「世界のトビウオ」だ。日本代表の壮行会では、何になりたい? との問い掛けに「世界のトビウオ」と色紙に書いた。そのわけは「トビウオが水上を飛んでいる時は、バタフライのような形になっているから」と説明した。

 個人種目で12、リレーで7の計19種目で日本記録を持つ池江は、泳ぐたびにレコードを樹立している。午前の予選では大会新の56秒90を出して全体の1位で決勝進出。5位入賞したリオデジャネイロ五輪決勝より、わずかに0秒04遅かっただけのタイムだ。

 50メートルを25秒89のハイペースで折り返した。「後半はバテバテで、抜かれたらどうしようと思って泳いでいたら、横を見たら隣りの選手も疲れていました」と笑わせた後、「練習の成果もあって自然とパワーが付き、タイムも出たんだと思います」と言葉をつないだ。晴れがましい表情で、高校生らしくハキハキ答える姿にエースとしての自覚がうかがえた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー