[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 【パンパシ水泳】萩野公介、いまだ残る“後遺症” ネクタイを結べない右肘で掴んだ2つのメダル

【パンパシ水泳】萩野公介、いまだ残る“後遺症” ネクタイを結べない右肘で掴んだ2つのメダル

競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第3日は11日、男子200メートル個人メドレーで萩野公介(ブリヂストン)は1分56秒66で3位。400メートルの銀メダルに続き、今大会2個目のメダルを獲得した。

男子200メートル個人メドレーで萩野公介(右)は今大会2個目のメダルを獲得【写真:Getty Images】
男子200メートル個人メドレーで萩野公介(右)は今大会2個目のメダルを獲得【写真:Getty Images】

15年に右肘骨折「怪我がなかったら『自分でネクタイ、結べるのにな』とか」

 競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)第3日は11日、男子200メートル個人メドレーで萩野公介(ブリヂストン)は1分56秒66で3位。400メートルの銀メダルに続き、今大会2個目のメダルを獲得した。

 一度は「自分の体じゃないみたい」と思った右肘を懸命に動かし、水をかいた萩野。15年、自転車で転倒し、右肘を骨折。リハビリを経て、翌16年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得したが、その後に患部を手術。一度生じてしまった感覚のズレはなかなか取り戻せず、昨年は苦しんだ。

 実は、いまだ“後遺症”も残っている。4月に取材した時、怪我について聞くと、こんな話を明かしてくれた。

「怪我がなかったらと思う部分もいっぱいありますよ。『自分でネクタイ、結べるのにな』とか。肘を怪我してから、後ろに手が回らないんですよね。そういうことを日常的に思う部分もあります」。手術の影響で肘の可動域が狭まり、首の後ろまで腕が回らず、ネクタイを自分で結ぶことが難しいという。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー