[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【パンパシ水泳】日本のWエースは萩野公介が銀、瀬戸大也が銅 世界選手権Vカリシュに屈す

【パンパシ水泳】日本のWエースは萩野公介が銀、瀬戸大也が銅 世界選手権Vカリシュに屈す

水泳の第13回パンパシフィック選手権は9日、米国やオーストラリア、カナダなどの強豪をはじめ、19の国と地域が参加して東京辰巳国際水泳場で競泳が開幕。男女7種目の決勝などが行われ、注目の男子400メートル個人メドレーは、萩野公介(ブリヂストン)が4分11秒13で2位、瀬戸大也(ANA)が4分12秒60で3位だった。

萩野公介【写真:Getty Images】
萩野公介【写真:Getty Images】

男子400m個人メドレー、萩野、瀬戸は2、3位フィニッシュ

 水泳の第13回パンパシフィック選手権は9日、米国やオーストラリア、カナダなどの強豪をはじめ、19の国と地域が参加して東京辰巳国際水泳場で競泳が開幕。男女7種目の決勝などが行われ、注目の男子400メートル個人メドレーは、萩野公介(ブリヂストン)が4分11秒13で2位、瀬戸大也(ANA)が4分12秒60で3位だった。昨夏の世界選手権(ブタペスト)男子200、400メートル個人メドレー2冠のチェイス・カリシュ(米国)が、4分07秒95で優勝した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 レースは瀬戸が得意のバタフライで引っ張り、背泳ぎでも首位を堅持。萩野がぴったりと追い掛け、前半は2人の日本人で速いレースを展開した。しかし最後の自由形に移ると、カリシュが地力を発揮して先頭を奪い、萩野が2位に浮上し、瀬戸が3位でフィニッシュ。萩野は200メートルとの2冠に輝いた2014年以来の優勝を逃し、瀬戸は14年の200メートル個人メドレーに続いての3位だった。

 金メダルこそ逃したものの、2人は会場の大声援に感激した様子で、萩野が「こんなにたくさんの人に応援してもらい、本当に気持ちいい」と言えば、瀬戸も「お客さんの声にテンションが上がりました」と感謝した。

 日本での開催は2002年の横浜大会以来16年ぶり6度目。今回は個人成績を得点化した国別対抗戦を初めて実施する。

(河野 正 / Tadashi Kawano)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー